<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ワラビ饅頭♪

半やけど状態で作りました。

ワラビ饅頭2


ワラビ饅頭。
中身は漉し餡ですが、あんこを包むためには、ワラビ餅を熱い状態のまま分割しなければなりません。
それが
「アチィ〜ヽ(`Д´)ノ」の。
一人で大騒ぎしてあんこを包んでいるのに、
母と姉はニンテンドーDS Liteに夢中(それぞれ一台ずつ所持)で、見向きもしないの。
(-ω-#)y-~~~~ごにょごにょ
おいしく出来たから、もういいさ・・・。

ワラビ饅頭

cake(diary) | comments (2) | trackback (0)

パックリ。

しつこく、地味〜にスコーン作りました♪

パックリ


今回はパックリと「狼の口」が開いて嬉しいです(〃▽〃)
コツがやっとつかめてきました。
むふふ・・・。
cake(diary) | comments (0) | trackback (0)

やり直し。

灼熱!キャラメルクリーム作り我慢大会に失敗した私です。
昨日の写真ではイマイチどう失敗なのかわかりづらかったので、

失敗


ほらね。
分離してるでしょ。。゚(゚´Д`゚)゚。

で、今日もすごく涼しいとはいえない日よりでしたが、再度、鍋の前で頑張ってみました。
もちろん、新たに作り直したわけではなく、失敗したのをあたためなおしたのですが・・・。

とろり


ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
成功です。
どうやら、本には
「くつくつと、5分くらい煮る」
とありましたが、
「ぐつぐつ、ボコボコ沸騰した状態で、5分」
としたほうが良いようでした。
それにしたって、5分では足りないようですが。
とにかく、煮詰めなおして十分冷やしてから、

修正


出来上がり〜!!
煮詰めたことで、量も大分減りました。
(●^o^●)
暑かったけど・・・。
何に使おうか、楽しみ〜!!
cake(diary) | comments (2) | trackback (0)

スフレロール。

姉yurimamaの帰省にあわせて作ったロールケーキ。
はじめてのレシピに挑戦しました。
世の中、稲田多佳子さんのレシピ本が大流行です。
その中でも話題なのがロールケーキ。
スフレみたいなスポンジ生地が超話題のようですな。
が、私まだこの人の本は買っていません。
今回作ったのは、
藤野真紀子さん著の、「スフレ」
より。
マロンのスフレロール

スフレロール


基本的にスフレの作り方をベースにしたロール生地なので、
普通のスポンジ生地とは全く食感が違います。
見た目もかなり違うと思うのですが。
ちなみに普通のスポンジ生地で以前作ったロールケーキはコチラ。

マロンロール


うーん、切り口が綺麗でないのであまりはっきりとは写真では違いが出なかったかなー。生で見ると差は歴然です。
しかし、手間は倍以上かかりますが、おいしいことは間違いない。
これねぇ、食べないことには分かりにくいのですが、舌ざわりは絹のよう。
シフォンケーキとは全く違うのですが。
舌には残らず、スッと溶けていくような食後感。
うーむ、表現しにくいのですが、作ってみるしかない!
( ゚Д゚)ウマーです。
デモねェ・・・。
さすが 藤野真紀子節 炸裂のレシピ。
生地だけで卵5個使ってます。
普通3個とかだろ・・・(´-ω-`)
さらに、クリームは生クリームとカスタードを混ぜたの。
カスタードクリームにも卵使うし・・・。
素敵過ぎるレシピに、長年作ることを躊躇していたのですが、躊躇しただけあって、おいしいレシピでした。
多佳子さんのレシピって、どうなんだろう。
こんなに贅沢なのかな?
cake(diary) | comments (0) | trackback (0)

ケガの功名?

今日は我が家のレンちゃん(ミニピン)の誕生日!!
おめでとう(●^o^●)
今まで、元気でいてくれてありがとう。
これからも楽しく一緒に過ごそうね!

夏だというのに、特に厳しい暑さを感じない日だったため、
スコーンを作ってみましたよ。
もう、わが町の夏は終わった・・・(´-ω-`)
非常に暑い夏を過ごしておられる方がたには、本当に申し訳ない限りですが、
この場をお借りして、

残暑お見舞い申し上げます・・・。

スコーン


これがサァ・・・。

失敗(´・ω・`)ショボーン

何を思ったか、水分量の勘違いで、牛乳を二倍量入れてしまいました・・・。
ぬおっ!?
柔らかい・・・。
べたべたジャー!!

というわけで、いつも丸型で作るのですが、包丁で小さめにカットしただけ。
出来上がりは・・・。

割と普通。( ゚Д゚)ポカーン

おいしいです。
普通の成功例とは明らかに違う物ではありましたが、
ありえなくない(←乱れた日本語?)味でした
外はカリッカリ。
中はふんわり、しっとりに焼きあがりました。
成功例だと、中はふんわりだけど、ほろほろとしているので・・・。
(↑うまく説明できないボキャブラリーの貧困さ・・・)
これはこれとして、アリだけど、べたべたで扱いにくいのが難点。

これを改善していくことで、「hirorin's レシピ」なるものが出来たりするのでしょうか。
・・・いや、性格的に、それを否定することにヤブサカデハナイ。
cake(diary) | comments (7) | trackback (0)

夏らしく。

最近過ごしやすい気候です。

が、
夏らしいスゥイーツ作りということで。
蕨餅を作ってみました。

蕨2


抹茶のわらびもち。
辻口博啓「新味和菓子」より。

柔らか〜い。(ノ´∀`*)
とろけます。

本当は抹茶リキュールを入れるのですが、
手近になく断念。
でも、十分美味。

涼しげにウンベラーダの葉っぱを敷いてみた。

蕨3



抹茶かどうか、これじゃあワカラン┐(゚〜゚)┌
という貴女は、
↓をクリック!
続きを読む>>
cake(diary) | comments (0) | trackback (0)

メアリ女王のショートブレッド

海外ミステリー小説の「クッキングママシリーズ」の、「クッキングママの超推理」より。

ショートブレッド2


「スコットランド女王のショートブレッド」
ま、普通のショートブレッドなんですが。
この小説に出てくる食べ物(レシピ)には、特に関係なくても、その場面とかケータリングのテーマに沿って名前が付けられています。
このショートブレッドは、イギリス風のお城で、イギリス風の食べ物ばかり作っていたときの物です。
天邪鬼の主人公ゴルディらしく、エリザベス女王のライバルにちなんだネーミング。
で、
私ショートブレッドを作るの初めてなんですが、もっと普通にまとまると思っていたら、生地がまるで搾り出して作るクッキーみたいに、すっごい柔らかい!
・・・?
なんで?
ショートブレッドって、型にはめてお花などの模様をつけてから焼く場合もあるのに、なんかべたべたで表面を慣らすことも出来ないくらい。
ここで一旦冷蔵庫で冷やせば良かったのですが、レシピに冷やすと書いてないのをいいことに(?)そのまま型に入れて一応穴をあけて、切れ目を入れて、焼いちゃった・・・(;・∀・)


なので、焼き上がりは

ショートブレッド


こんな風に、表面ぼこぼこ。
でも!
味はサイコ〜!!
サックリほろほろ。
ウォーカーのショートブレッド
より、出来立てだからもちろん風味豊か。
適度に塩味も効いてます。
このレシピ、アメリカの物なのに、粉に白玉粉が使われています。
白玉粉?
チョット疑問だったので、上南粉(米粉)を使いました。
そのおがげで本当にほろっとした食感が出ましたよ。
あと、バターは明治の発酵バターを初使用!
作っているときは、本当にヨーグルトっぽい匂いなのねー。

次作るときは、冷やして、生地を一旦締めて、ちゃんと形をウォーカーのショートブレッドっぽくカロリーメイトみたいなのを目指そう!!
cake(diary) | comments (3) | trackback (0)

夏だけど・・・。

3Dの立体的に出来るゼリーモールドを購入しました♪
(●^o^●)
ゼリーはあまり作ったことないので、
プリンゼリーを入れて作ってみました。
いや、プリンゼリーをよく作るかといわれると、ぜんぜんそうではないのですが。
ゼリーよりは、家人が食べるかなー?
と思って。
で、

ゼリープリン


大成功( ̄ー ̄)ニヤリ
ゼリーモールドなので、蒸したり焼いたり出来ない(プラスチック素材)
ので、ゼリープリンです。
食べてみたら、プッチンプリンに良く似たお味!
面倒で、カラメルは作りませんでしたが、メープルシロップを掛けたら
( ゚Д゚)ウマーでした♪

ゼリープリン3


サンタ&そり

ゼリープリン4


ツリー&スノーマン
夏なのに。
クリスマス仕様。
可愛いから許す!(・∀・)コケティッシュ!!

本日の阪神は・・・↓をクリック!
濱ちゃん、復活の兆し!
続きを読む>>
cake(diary) | comments (6) | trackback (0)

さくらんぼの詩〜♪

・・・っていう飴がありましたよね。
今思うとさくらんぼの味してたかなー?と疑問なんですが。

「A.R.I.のお菓子の提案」より。
さくらんぼのマフィンを作ってみました。

さくらんぼマフィン


焼き上がりはこんな感じ。
生地の中にゴロゴロ実が入ってます。
ARIさんのマフィンはとにかく巨大で、一回量で普通のマフィン型10〜11個分なんですが、私は同じ量を12個分にしてしまいます。。
でないと、巨大すぎて、食べるのも一苦労っぽい。
ARIさんのマフィンは、中のフィリングが沢山だから、大きめに焼いたほうが具を楽しめるのでしょうが。

それはともかく、焼き上がりのさくらんぼが赤くて可愛い♪
これは、事前に飾りのさくらんぼを取り分けておいて、型に生地を分割した後、表面に乗っけているのです。
アイシングもかけました。

さくらんぼマフィン2


ARIさんのマフィンって結構甘いんですが、焼くことによってさくらんぼの酸味が際立つので、生地の甘さと良いコントラストになって、ウマーイ!
味がボケるのでは・・・。と心配しましたが、元の佐藤錦の味が濃くて甘いので、問題なかったです。

さくらんぼマフィン3


もう二度と出来ないことかもしれんて。
さくらんぼ狩りに誘ってくれたSさんにおすそ分けしました。
cake(diary) | comments (2) | trackback (0)

夢ばっかり。

昨日の夢はこれでした。

チョコビスケット


「A.R.I.のお菓子の提案」より、
チョコチャンクビスケット。
を作るか、別のチョコレートのお菓子を作るか、悩んでいる夢。
夢の中では別のお菓子を作っていましたが、起きてみたらそのお菓子のレシピはなかったので、「A.R.I.のお菓子の提案」の方を作ってみました。
最近夢に支配されているかも・・・。

以前、プレーンなビスケットは作ったことがあったのですが、チョコレートのは初めて。
大きめに切ったチョコレートと、ココアが入っています。
でも生地自体の甘さは控えめだし、ココアもそれほど強く感じないので、くどくは感じずに食べられます。
でも、このレシピ、本当は水分に卵と生クリームを使うんですよねー。
家には当然生クリームはなく、牛乳で代用しましたが、生クリームだとどんな風味になるんでしょう。相当リッチな生地ですよねー。バターも当然入っているわけだし。
ARIさんも、「風味は変わるけど、生クリームは牛乳で代用可。」
と書いていますが、謎。
実際にARIさんのお店で、本家本元の味を食している方のレポを読んだことありますが、「割とリーンな生地」という表現でした。
一体、どう変わるの!?

お金が相当入ったら作ってみましょうか。

チョコビスケット2

cake(diary) | comments (4) | trackback (0)
1/4 >>
| top |
NEW ENTRY
INFO
お気軽にコメントを残していってくださいね。また、管理人多忙の時は更新も不定期になりますが、どうぞ遊びに来てください。リンクしてくださる方はコメントにご連絡下さい♪
**なお不適切なコメントなどは管理人hirorinの判断により削除させていただきます。ご了承下さい**

COMMENT
TRACK BACK
CATEGORY
ARCHIVES
ME
MY BLOG LIST

OTHER