SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪
<< 矢野選手、ありがとう。 :: main :: 天板ひとつで作るたくさんの焼き菓子。 >>

レッドベルベッドクッキー。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、ハンナ・スウェンセンのクッキージャーシリーズの
キャロットケーキがだましている」より。
レッドベルベッドクッキーです。

クッキージャーの共同経営者・リサの今は亡きお母さんが得意だったクッキーの再現を依頼されたハンナ。
いつものごとく、時間がない中で試作を重ね、結局一晩で作ったのがこれ。

その前に、レッドベルベッドクッキーとはなんぞやって所なんですが。
もともとアメリカには、レッドベルベッドケーキというものがありまして、そこを知らないと、このくだりはちょっと楽しめないかと思います。
レッドベルベッドケーキとは、味はチョコレートで、なぜか色が真っ赤なケーキ。
もともとは、野菜のビーツという赤い株の色をつけたケーキだったらしいのですが、現在は着色料でわざわざ真っ赤にしているケーキです。
日本人の感覚からすると、スボンジ部分が真っ赤なケーキなんて、いまいち受け入れ難いものがありますけれど、アメリカでは人気らしいですよ。
カップケーキなどでも、必ず種類があるようです。
その真っ赤なケーキに、クリームチーズのフロスティングがかかっているのです。

で、今回はそれをクッキーにしてしまおうというわけ。
出来上がりは、とりあえずこちら。

re3.jpg


うーむ・・・。
これ、直接見たら、もっと赤い色が綺麗に出ているんですが、光の関係で、茶色っぽいですね。
撮影の腕が悪いので、スミマセン・・・。
恐怖の、焼きっぱなしはこれだ!

re4.jpg


(笑)
赤いです。
レッドベルベッドケーキは、元々ベルベッドのように、しっとりした口当たりのケーキなんですが、私が作ったクッキーは、特に普通のさくさくとした歯ざわりでした(爆)
でも、
おいしい!
チョコレートを生地に溶かし込んでいて、さらにチョコチップがたくさん入っているので、とっても美味しいです。
べつに、赤い色でなくても、全然かまわないと思います。
口に入れてしまえば、味には無関係ですので(笑)

クリームチーズフロスティングも作ってみましたが、何しろ、砂糖の量が半分でも相当甘かったです。
でもクッキーとの相性は良かったですよ。
時間が経つと、クッキーがフロスティングの水分を吸って、少ししっとりしていましたが、このしっとりさでベルベッドを表現したのかな?よく分かりません。
でも、さくさくでも少ししっとりしても、両方美味しかったです!
私はサクサクの方が好きですが。

今回は、なぜか出来上がりの目安の数が書いていなかったので、何とレシピの1/8量で作ってしまいました。
だって、美味しいかどうかも不安だったんだもの・・・。
真っ赤なクッキーなんて、だれも食べてくれなかったりして・・・とか考えちゃって(笑)。

レシピは・・・。
無糖チョコレート(カカオマス)8g(笑 なんてったって、1/8量だからね!)
を、湯煎で溶かして、クッキー生地に加えるまで冷ましておく。
無塩バター14gにブラウンシュガー10g、グラニュー糖6gを加え、なめらかになるまで混ぜる。
ベーキングソーダ小匙1/16(0,3mL)と塩小匙1/16を加え、また更に混ぜる。
卵約8gを加え、またなめらかになるまで混ぜる。

re.jpg


ここで赤い着色料投入!
食用色素は、約2mLでしょうか。
私はウィルトンの赤を使いました。
ウィルトンの先生が、「この着色料は、体に悪いものは使っていないよー」と、おっしゃっていたのを信じて(笑)。
ウィルトンの食用色素は、ジェル状というか、ドロっとしているので、計りやすいです。

re2.jpg


ぐあっ!!
目の覚めるような赤だぜ・・・。
きれい、きれいだ・・・。
このような色の食べ物を、私は他に知らない・・・。

さて、遠い目になりつつ、これ以降撮影をなぜか忘れてしまい、もくもくと作業を進めてしまいました。
なので、画像ない。
あまりの赤さに怯んだのかしら。
てか、あまりに赤くて、もしエプロンとかについたら取れなくなりそうで、怖くてカメラを触ったり出来なかったんですよ。

この後、溶かした無糖チョコレート(カカオマス)を入れて混ぜ、小麦粉15gを混ぜ、その後になぜかサワークリーム約20gを混ぜ(少し暖めて柔らかくしたものを混ぜたら、問題なく混ざりました)、その後残りの小麦粉15gを混ぜ、チョコチップ21gを混ぜたら、小匙摺り切り一杯をベーキングシートに並べ、9〜11分焼く。
私は11分焼きました。
小匙でとかいてあったので、摺り切り一杯にしたのですが、ちょっと小さかったかもしれませんね。
これでちょうど14個できました。
小さなクッキーです。

さて、フロスティングです。
クリームチーズ14gにバター7gを柔らかくしたものを加え、バニラエクストラクト小匙1/16を加え、粉砂糖大さじ4杯加える・・・なのですが、粉砂糖大さじ2加えた時点で味見をして驚いた!
甘い!
びっくりの甘さですよ。
それで、砂糖投入はここで中止。
トロトロになるまでというレシピなので、状態はもっと柔らかくなるものと思われます。
冷めたクッキーに塗って、
出来上がり!

re5.jpg


これ、実際本当に美味しいので、お勧めです。
着色料はなくてもいいと思います(笑)
フロスティング無しでも、とっても美味しいですよ!
召し上がれ!
comments (10) : trackbacks (0) : Edit

Comments

hirorin ... 2010/10/15 09:58 AM
>ようちゃんさんへ。

わざわざ聞いてくださってありがとうございます〜。
いやー、参考にしていただけるだけでも光栄ですので、どうぞよろしいようにしてくださいませ。特にどちらでもかまいませんよ♪

まぁ、私のブログは読みにくいと思いますので、お恥ずかしい限りですが・・・。
でも私、コージーミステリーのレシピを容積から重量に直したりしているとはいえ、結局勝手に転載している事になるのかしら?(汗)
ようちゃん ... 2010/10/14 01:12 AM
hirorinさん
ピーチロールレシピあげようと思うのですが
hirorinさんのブログリンクさせるのとさせないのと
どちらがいいでしょうか??
レシピブログの連さいにも載るので
リンクさせたら逆にご迷惑?

hirorinさんのレシピのアレンジなので
本来ならリンクするべきかなあと思うのですが
どうでしょうか??
hirorin ... 2010/10/10 10:04 PM
>ようちゃんさんへ。

ありがとうございます!
そっか〜。そういえば、マカロンとかの色は着色料ですよねぇ。
忘れてましたよ。しかも、最近はっきりした色のケーキとか流行っているかも!
やっぱり、オシャレっぽいと皆抵抗がなくなるんでしょうか(笑)

アカシエ!
聞いたことはあるのですが、埼玉は未知の領域ですねー。
でもようちゃんさんのオススメとあっては、是非行かねばなりませんね!
ブログ楽しみにしています♪
ようちゃん ... 2010/10/10 09:55 AM
私もNYの…なんだっけ?有名ななんとかベーカリーの
レッドベルベッドカップケーキってのを見たことがあります。
つくっていらっしゃるかたもブログで発見しました。
味はおいしいみたいですよね。
この色合い、日本人ならひきそうですが…
でもマカロンもものすごーーーーく着色料入れるし
皆すきなので、あんがいいけるかも??
(そうだ、またブログにアップしますが
私先日埼玉のアカシエにいってきました。
めちゃめちゃおいしかったですよ!hirorinさんまた東京に来る際はぜひリストにいれてください!デザートがいただけます!)
hirorin ... 2010/10/09 09:50 PM
>kyanaさんへ。

はじめまして!ようこそいらっしゃいまして、ありがとうございます!
こうして、コージーミステリーを読んでいる方に見ていただけると、本当に張り合いになって、さらに励ましのお言葉も頂いて、うれしいです♪
ハンナシリーズのレシピは、本当にアメリカの風を感じます。(てか、アメリカのことなんて、全然知らないんですけど 笑)
材料を見ていると、アメリカのスーパーって、こんな風なのが売っているのかぁ・・・って、想像して楽しいです。
傾向として、ハンナのレシピは、本当に甘い(笑)、ハンナが誰かから教わったようなレシピは、そうでもないような気が・・・。
難関が多いミステリークッキングですが、楽しんでやっていきたいです。

本当にありがとうございました。以前より更新がのんびりになりがちなんですが、これからもヨロシクお願い致します。
kyana ... 2010/10/09 11:33 AM
はじめまして!

ハンナシリーズが大好きで、クッキーやお菓子に興味をもっていましたが、怖くて(笑)作れずにいた者です。

 アメリカンな材料でどうしよう・・・と思って検索していたところ、こちらのブログ様にたどり着きました!本当に色々なお菓子作りに挑戦していて、毎日楽しく読んでいます!
 これからも色々なレシピ!楽しみにしています★頑張ってください^^
hirorin ... 2010/10/05 05:40 PM
>kabatanさんへ。

ありがとうございます!
赤いのはわかっていましたが、もっとしっとりしたクッキーなのかな?と思っていたので、さっくりさくさくなのには驚きました。
クッキーが小さすぎたのかもしれませんね。
レッドベルベッドケーキは、もともと白いフロスティングと、赤いのコントラストが肝らしいので、そういっていただけて、うれしいです!
まぁ、日本人にとっては、赤い色で手を出しにくいかもしれませんが、偏見を捨てて、食べてみてほしいですねぇ。
レッドベルベッドケーキの画像を探していて、なんとブルーのケーキまで発見してしまいました・・・。
hirorin ... 2010/10/05 05:36 PM
>みえさんへ。

ありがとうございます!
本当に赤いんですよねぇ。
もっと画像の色がきれいに出れば良かったんですが・・・。
断面なんて、本当に真っ赤で、びっくりしますよ。
そうそう、食用色素は、天然素材だっておっしゃっていたと思います。

私もケーキのほうを食べてみたいです。
いつか作ってみたいですが、本格的に誰も食べてくれなさそうです・・・(笑)
クッキーの方は、赤くないレシピで作ってみようかなぁー。
kabatan ... 2010/10/04 10:29 PM
早速見に来ました。確かに真っ赤っかですね〜。
今回はフロスティングが甘かったですか。やはり
どれかは甘いのですね。
赤と白のコントラストがキレイですね。そして、
オイシイとなれば言うこと無しです。お見事!。
みえ ... 2010/10/04 10:13 PM
こんばんは!お元気ですか?

今回はクッキーですか!本当に赤いのですね!
レッドベルベット・・・・赤い色素は天然の食材ですかね!

ビーツは・・・赤紫になりそうですが!(笑)
ブラジルで頂いた事があります!
レッドベルベットケーキの方も頂いてみたい!
有名なのかしら?アメリカでは!

本当に赤くなくてもおいしそうです!
白いフロスティングに可愛い赤いクッキー・・・可愛い!
お皿も素敵です!

お菓子作り・・・楽しまれてて・・羨ましいです!
私はもっぱら・・・おいしそうなお菓子は買って来て頂いてます!(汗)

Comment Form


Trackbacks