SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

さくらんぼジャム。

今回も以前のものなんですが、今年6月の出来事です。
新鮮味がなくて申し訳ありません。

山形のさくらんぼ農家さんへ、さくらんぼ狩りに行きまして、その時ジャム用にと譲っていただいたさくらんぼたち。

c.jpg


佐藤錦の他、ナポレオンも今回多数ありました。
ナポレオンは受粉用に栽培している木だそうで、佐藤錦全盛の今は売り物にならないそうです。
でも十分熟したものは甘酸っぱくておいしいんですよ。

ここで取り出す新兵器。
以前買ったさくらんぼ自動種取り器
今までのさくらんぼを一つ一つセットしながらの種取り器とは違って、流れ作業で大量のさくらんぼをさばける器具。

c2.jpg


こうやってね、上にさくらんぼを置いておき、右上のレバーをガシャンコガシャンコとリズミカルに押していくと、右下にセットしたボウルに種を取ったさくらんぼが自動的に排出されるという仕組み。
種は器具の下の透明部分にぺペッと吐き出されてきます。
ほら。

c3.jpg


まぁね、途中さくらんぼの大きさによっては詰まってしまったり、さくらんぼの果汁が周囲に盛大に飛び散ったりと、気になる点はあるにはあるのですが!!
去年までと比べると、格段に種取りの時間が短縮されました!!
うーん、文明の利器。
だって、さくらんぼだけで7kg以上あるんだもん(笑)

そんなわけでできました。

c6.jpg


今回は40%の砂糖で作りましたよ。
佐藤錦オンリーで作るより、ナポレオンも入ったほうが色が明るくて綺麗な気がします。
美味しくできました!
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

きんかんのパイ。

みをつくし料理帖のレシピで作った金柑の蜜煮を使って、お菓子を作りました。

k.jpg


レシピは、辻口博啓氏の「新味和菓子」より、きんかんのパイです。
パイ生地にアーモンドクリーム、あんこを入れ、きんかんの蜜煮をまるごと一つ入れて焼いたお菓子。
とっても贅沢。

k2.jpg


アーモンドクリームは作りやすい分量で書いていましたが、1/3量にしても、6個分として作って少し余るくらいでしたよ。

レシピではセルクルに入れて綺麗な円筒形に焼いていましたが、私は持っていないので、マフィン型に入れて焼きました。

k3.jpg


美味しかったです〜。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

清美オレンジのクレームブリュレ。

久しぶりにお菓子作りをしてみました。
辻口博啓氏の「ちゃんと作れるスイーツ」より。

清美オレンジのクレームブリュレです。

cr2.jpg



このクレームブリュレ、清美オレンジの果肉がそのまま入っているんですが、

cr.jpg


それだけじゃなくて、クレームブリュレ自体にもオレンジの風味を移しているので、全部からさわやかなオレンジ風味を感じ取れます。
清美オレンジってものすごく甘いので、甘いクリームに入れちゃって酸味が出ないかな?って心配は全くいりません。
これは美味しかったです〜。
表面はバーナーでカラメリゼしました。

cr3.jpg


ちょっと分厚すぎたかな?カチカチと割るのにちょっと苦労してしまいました(笑)。

cr4.jpg

comments (4) : trackbacks (0) : Edit

いちごジャム。

ジャム用にたくさんいちごをいただきました。

i.jpg


1.5坩幣紊△辰燭鵑任垢茵
砂糖は50%、レモン1個で作りました。

i2.jpg


初めに汁を煮詰めたりしなかったので、果汁のいちごシロップがたくさんできました。
手前の小さなピンは、いちごシロップだけです。
綺麗なルビー色になりました。
ヨーグルトに混ぜたり、赤毛のアンのいちご水みたいにして割って飲んでもいいかも!

i3.jpg


いやー、贅沢。こんなにたくさんのいちごでジャムづくりなんてそうそうできるもんじゃありません。
食べるのが楽しみです〜。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

オーナメントクッキー。

前回に引き続き、クッキーです。

ようやくこれを使う日がやってきました。

co11.jpg


巨大なクッキー型。
何の型か。
それは!

co.jpg


はい。
Williams-Sonomaのstained glass cookie cutters という型で、ツリーのオーナメントが作れるのです!

co2.jpg


co3.jpg


co4.jpg


ガラスのように色がついているところは、

co15.jpg


このように、サクマのドロップを使って色を付けていますよ。
でも、ちょっと色が薄いなぁ…。
本当は、

co12.jpg


こんな風に、もっと派手派手にぎらぎらに色がつくはずだったのですが…。
やっぱりアメリカさんの食紅使いには勝てませんな(笑)。
緑の飴の部分は完全に色が抜けている感じ。
飴を分厚くした方がいいのかなぁ。
あと、もっとクッキー生地の部分にオーナメントの模様のスタンプがつくはずなのですが、ほとんどつきませんでした。
生地はそれほど固くないので、なんでだろう?
型が大きすぎると、スタンプは付きにくいんですけどね。
再チャレンジかなぁ(今年やるとは言っていない)。
残念!
余力があれば、アイシングで飾り付け用と思っていたのですが、案の定力尽きましたよ(笑)。

この型、ずーっと以前に買ったのですが、なかなか使う機会というか、勇気がなかった…。
ようやくつかえて満足です!

co13.jpg

comments (2) : trackbacks (0) : Edit

クリスマスのホリデークッキー。

えーと、またウィリアムズソノマのカッターを使ってクッキーです(笑)。

co10.jpg


2012年のHoliday piecrust cutters です。
まぁ、毎年一年遅れでこのカッターを使っていることはご愛嬌ですね(笑)。

co7.jpg


ジンジャーマンはずっと前から持っていますが。
ヒイラギの葉っぱ、ツリー、雪だるま、雪の結晶のニューバージョンです。

co6.jpg


co5.jpg


うーん。最高かわいい。
しかし。

co9.jpg


co8.jpg


このカッター、ココアクッキーで作った方が綺麗ってことに気づいた!

co14.jpg


焼く前の画像。
このココアクッキーレシピは、生地が扱いづらいのが難点。

知り合いのお子さんにプレゼントしました。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

なめらかプリン。

クリーム多めのなめらかプリンを作りました。
器はモロゾフのプリンの容器。
今まで溜めてきた器たちがようやく日の目を見るのね(涙)。

na.jpg


レシピはオーブンの説明書に乗っているレシピを参考にしました。
レシピのままだとリッチすぎるので、経済的観点からお直ししたのですが・・・。
これが!
すっごく美味しい!
なめらかでとろける〜。
卵黄だけなのを全卵にしたり生クリームをちょっと減らしたりしたのに、この美味しさ。
レシピのままだったらどんなことになるのかちょっとわくわくしますね〜。

お金に余裕のあるとき、レシピのまま作ってみようかな(笑)。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

洋ナシのパイ。

ラフランスをたくさんいただいたので、パイにしてみました。

レシピは加藤千恵さんの洋ナシのパイです。

ラフランス自体が甘いからなのか、フィリングに加える砂糖がなんと!

大匙1!!

びっくりですー(笑)。

最近この20倍の量をパイのフィリングに使ったわが身としましては(笑)、この量に戸惑うばかり・・・。

フィリングにはレモンも加えるので、どうしても不安になって、砂糖大匙1/2を勝手に追加しちゃった(笑)。

そんなこんなで。

y.jpg


焼けました!
今回は18僂離僖せ一つ分です。加藤千恵さんのレシピは、四角い形に作っていますが、18儡櫃任舛腓Δ匹いい任垢茵
紫に見えるのは、ドライブルーベリーが入っているからです。
ドライブルーベリーの甘さもあるので、砂糖の心配はいらないのでしょうか?

今回は、リーフ型のパイクラストカッターも使ってみました。

y2.jpg


またまた、これがやりたかったんよねー♪

y3.jpg


y4.jpg


パイ生地で焼いたからか、結構縮んでしまいましたが、とっても綺麗に形が出ています。

お味は・・・。
美味しい!
やはりラフランスの風味がすごく美味しい!
焼くことでやっぱり酸味も感じますが、ドライブルーベリーにも助けられて酸っぱいってほどではなく、でも甘さはかなり控えめですね。自然な甘さです。
紫なのは、ドライブルーベリーのアントシアニンのせいでしょう(笑)。

やっぱり焼きたてのパイはいいですね♪
comments (8) : trackbacks (0) : Edit

秋のマドレーヌ。

f.jpg


久しぶりにノルディックウエアの型でマドレーヌを焼きました。

f4.jpg


近所の集まりのために、母に頼まれました。

f3.jpg


辻口博啓氏のレシピですが、二皿一気に焼くのはちょっと無謀だったかなぁ(汗)。
27分くらい焼き時間がかかってしまった。

f2.jpg


でもこの型はかわいくてお気に入りです。
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

ホットケーキミックスでケーク・サレ。

ケーク・サレ。
甘くないお食事ケーキということで、人気になったようですね。
母が最近、お友達の家で食べて気に入ったということで、レシピを教えてもらってきました。
ケーク・サレというと、粉チーズなどが入っていることが多いと思うのですが、母はチーズが苦手。
なのに気に入ったというのは、そのレシピにチーズが入っていなかったからです。
ホットケーキミックスを使うレシピなので、手軽に作ってみました。
かぼちゃがなかったので省略しましたが、十分おいしかったですよ♪

ke.jpg


レシピでは、ホットケーキミックス100gだけを使うのですが、普通一袋に150g入っているので、次回は1.5倍にして作ってみようかと思います。
でも具がたくさん入るので、焼き時間には注意ですね。

ke2.jpg

comments (6) : trackbacks (0) : Edit
1/12 >>