SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪
<< 天然酵母のスコーン。 :: main :: ひょっとこ温寿司。 >>

プラリネシャーロット。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方はコチラをクリック!

今回は、ハンナ・スウェンセンシリーズの、「レモンメレンゲパイが隠している」より、
プラリネシャーロットです。

リサの母親の従妹から送られてきたプラリネにヒントを得たクッキーです。
私は、プラリネをフロスティングにしているということなので、キャラメル状のものにナッツが混ざっているものかと思っていましたが、実際は・・・?というミステリークッキングでございました。

出来上がりは、こちらです。

pu6.jpg


左がフロスティングあり。右は無しです。
ペカンナッツがひとつ載って、砂糖とバターたっぷりのフロスティングです。
このフロスティングが、私が想像していたプラリネとは、違ったのですが。
味の感想は、後回しにしまして、
早速作り方です。

まず、クッキーのレシピは1/8量で作りました。約1ダース出来る計算です。
無塩バター約42gをレンジで溶かします。
そこにブラウンシュガー25g、バニラエクストラクト小匙1/4を加え、ベーキングソーダ小匙3/4、ベーキングパウダー小匙1/8、塩小匙1/8を加えてよく混ぜる。

pu.jpg


ペカンナッツ16gをフライパンで乾煎りしてからみじん切りにして加える。
さらにとき卵大さじ1を加え、薄力粉45gを加えて混ぜる。

pu2.jpg


この、薄力粉を入れた時点で、相当柔らかいのですが、しばらく置くと、生地が落ち着いて固くなります。

pu3.jpg


生地を大さじ1ずつ丸めて、天板に並べ、フォークで十字模様をつけてボールをつぶす。180℃のオーブンで10分焼く。

pu4.jpg


天板のまま2分冷まし、ラックに移して、完全に冷ます。
13個、出来ました。

続いて、プラリネフロスティングですが・・・。
今迄知っていたプラリネと違う・・・。
と作りながら思っていたことはもう、どうしようもないので、受け入れようぜ。
無塩バター21gを小鍋で中火にかけ、時々かき混ぜながらピーナッツバター色になるまで焦がす。ブールノワゼットってやつですね。
鍋を火からおろし、私は一応漉し器で漉しました。
粉砂糖36gバニラエクストラクト小匙1/4にバターを加え、ローストして細かく刻んだペカンナッツ大さじ1を加え、よく混ぜる。生クリーム小匙2も加えよく混ぜる。

pu5.jpg


クッキーにかけ、ローストしたペカンナッツを上に飾る。
これでクッキー9個分くらいに使えました。
このフロスティング、プラリネと言っているのですが、キャラメル状でもなく、バターを焦がしているので、ナッツのような香りはしますが、味はやっぱり単なる砂糖・・・(笑)
あー、もしかして、レシピには、火から降ろしたバターの鍋に砂糖を加えるとあったのに、砂糖のボウルにバターを加えたのがまずかった?鍋に加えれば、キャラメル状になったのか?どうなんでしょう。でも、やっぱり漉し器で漉したかったので、こうなりました。とはいえ、やっぱりさらに火にかけないと、キャラメル状にはならないよねー。
プラリネには、ナッツを砂糖でくるんだという単純な意味もあると、ウィキさんに書いてあったのでまぁ、これはこれでいいとすることにしました。

味の感想は、ハンナのクッキーにしては珍しくものすごくサクサクしていて、食感から言うと、日本でよく食べられるクッキーにかなり近いです。
一口目は、おお!美味しいじゃないですか!
と驚いたのです。
ですが・・・。

どうも、やっぱりというか、塩味がかなり強いんですよねー。そして、なぜか油をすごく感じるというか、胃にもたれる。2つ食べたらもうお腹いっぱいというかんじです。それほど大きいクッキーではないのに。
あと、ベーキングソーダの匂いが少々気になるかな・・・。
フロスティングはなくていいですが、なくても胃にもたれるんですねー。
不思議です。

pu6.jpg



とりあえず、召し上がれ!
comments (8) : trackbacks (0) : Edit

Comments

hirorin ... 2011/02/27 10:00 AM
>kabatanさんへ。

ありがとうございます!
そうなんですよね〜。読んでいるのと、実際ではかなり違いますね。やはりアメリカ人と日本人の味覚の違いというか、感覚の違いを実感する瞬間です。
私も材料を減らそうかと考えるのですが、あえてそのまま作っています(笑)。
kabatan ... 2011/02/25 11:45 PM
お疲れさまでした。フロスティングとクッキーの両方作るのは大変ですよね。小説で読んでいると何かすごく美味しそうに思えるのですが案外こってりしてそうですね。幾つか作って思ったのですが、ハンナシリーズのレシピは結構当たり外れが大きい気がしてきました。砂糖とかバターはもう多すぎと判断した場合はもう自動的に減らしてしまいます。
私も漸く前に作ったハンナシリーズのレシピを
アップしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kabatan/diary/201102080000/
hirorin ... 2011/02/24 09:05 PM
>tomamamaさんへ。

ありがとうございます!
少しでも楽しんでいただければ嬉しいです!
見た目が軽そうで、食感もサクサクなので、食べ終わった後の胃もたれは、本当にがっかりしました(笑)。
お次は、ちゃんと考えていますよ〜。
hirorin ... 2011/02/24 09:01 PM
>ようちゃんさんへ。

ありがとうございます!
あははは。やっぱり、バターと小麦粉が同量では、もたれますよね・・・。ほんと、一口目は美味しいので、バターを減らせば何とかなるかもしれませんね。あと、塩も減らして・・・(笑)
ハンナのお菓子は、まさに実験です・・・。
tomamama ... 2011/02/23 05:34 PM
楽しいミステリークッキングだわ♪

サクサクとおいしそうなクッキーですね!
でも重くて食べ応えたっぷりなんですね。
見た目では分からないものですね。

hirorinちゃんのところに遊ぶに来ると
とっても楽しいです♪

次はどんなクッキングかなぁ〜
ようちゃん ... 2011/02/23 04:43 PM
ああーおいしそうだけど、
アメリカンのクッキーがなんとなく
もたれるってのもわかります。
分量からしてバターが多い。粉と同量?!
しかもペカン入るんですものね!

hirorinさんが作ってくれるから私は最近
実験をしなくなりました(笑)
hirorin ... 2011/02/21 06:12 PM
>みえさんへ。

ありがとうございます!
そうなんですよー。クッキーは小さいものなんです。
最初の口当たりは、とてもいいんですが、続けて食べると「あれれ?」ってなってしまうのです。
作ったお菓子は、ミステリークッキングに関しては、実験的なので、家族で消費が基本です。まぁ、少しずつしか作りませんしね!ものすごくおいしかったときは、誰かにあげたりしますが・・・。でも実験台になる家族にはすみませんって感じです(笑)。
今週もがんばりましょう!!
mie ... 2011/02/20 10:37 PM
こんばんは!
凄く小さなクッキーに見えますが・・・
そんなに食べ応えがあるのですか!
確かに素材はボリュームありますね!

今日はお仕事はお休みだったのかな!
私もお休みでしたが・・・あっという間に終わってしまいました!
作ったお菓子はご家族で・・・召し上がるの?
素敵ですね!
お菓子作り・・・私もしたいなって思うのですが・・・
お絵かき優先で・・・お菓子は購入してます!(爆)
hirorinさんのところでも目の保養!(笑)
今週も頑張りましょうね!

Comment Form


Trackbacks