SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

ブリュッセル風ワッフル。

ちょっと落ち込んでおりましたが、頑張って復活します! ご心配おかけして、申し訳ありません。 また、皆様の優しいお心遣い、本当にありがとうございました。 さて、ちょっと前にワッフルを作ったとき、 ベルギーワッフルには、一昔前に流行った、ブリオッシュ生地を焼いたような どっしりしっかりした丸い リエージュ風ワッフルと、 見た目はアメリカンワッフルのように四角く焼いた ふんわりしっとりの ブリュッセル風ワッフル の二種類があることに気づきました。 (ようちゃんさん、ありがとうございます!) で、ブリュッセル風ワッフルを調べて作ってみることにしました。 ブリュッセル風ワッフルと言えば、を思い出します。 いままで食べたことのない食感。 周りはカリッとシャクシャクとした食感で、でも中はふんわりしてて、めちゃめちゃ軽いんです。 当時、天ぷらみたいと思ったものですが、あれこそブリュッセル風ワッフルだったのですよ。 これは・・・試してみないわけにはいきません。 で、今回はコチラ1コチラ2のレシピを参考にしました。 デルレイで、カウンターに座って焼くところを見ていたので覚えてるのですが、パティシエールさんは、ワッフルメーカーにこれでもかー!とバターを塗って(しかも!焼型に塗るバターなのに、発酵バターを半ポンド丸々溶かしてたんですよねー。もうその太っ腹加減に、恐れ入谷の鬼子母神でした。)、かなりさらさらした生地を入れ、蓋を閉めたと思ったら、瞬間にグルンと焼型をひっくり返したんですよー。 そんで、そのまま焼いてしばらくしてまたひっくり返してた。 ま、そういうことができる造型のワッフル型なんですが。 ・・・これは真似したい! しかも、コチラ2のレシピでは、本格派ブリュッセル風ワッフルとして、焼型をひっくり返すと明記してあります。 絶対真似するー!! ・・・と、鼻息を荒くしたのはいいのですが、はて、私のワッフルメーカーは、天地逆にして大丈夫なのか? 電気がおかしくならないか!? だいたい、焼型から生地がこぼれないわけ? その疑問への回答は・・・。 待て!次号!
comments (2) : trackbacks (0) : Edit
1/1