SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

ようちゃんさんのフライパンスコーン。

いつも訪問させて頂いている「甘くて優しい日々のこと」というブログの、ようちゃんさんが、なんとNHKの「きょうの料理」6月号の「フライパンで簡単おやつ」というコーナーの講師をしていらっしゃるので、早速作ってみましたー! 実は、新聞の広告欄で、今月の「きょうの料理」欄を見たとき、「あ、今月は、ようちゃんさんでてるなー」って、第六感が働いたんですよねー(笑)。 作ったのはこちら。

sc2.jpg

フライパンで作るスコーンです。 これが! とっても簡単で、美味しいのー。 このスコーンは、バターを使わず、生クリームだけで生地をまとめていますが、それをフライパンで焼くだけ! なのに、ちゃんとスコーンになるから不思議ー。 あっという間に出来てしまいます。

sc.jpg

割ってみたところ。 画像がしょぼくて申し訳ないのですが、ほら、ちゃんと焼けてるし、スコーンしてるでしょ? 食感は、ものすごくふんわりしていて、しっとりしています。 私はなんとなく切り口も焼き目をつけていますが、本では表と裏をそれぞれ焼くだけでOKになっていますよ。 生クリームはそれほど沢山いらないので、半端に余ったりしたときに、ちゃちゃっとおやつを作るのに、ちょうどいいのでは? お勧めです!
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

義援金のことと抹茶のシフォンケーキ

日本中の沢山の方がたのみならず、世界中の方がたから、今回の震災の被災者のために、多くの義援金が送られておりますが、どうも、いまだに被災者に届いていないんですよね・・・。 少なくとも、私の知り合いの方がたには、届いていないようです。 県のホームページを見ると、分配率などは決まっており、あとは手続きを残すのみのようですが、震災から、はや二ヶ月以上が経ったというのに、まだ届かないか・・・と、じりじりする思いを禁じえません。 あ、断っておきますが、これは、私が義援金が欲しいといっているのではありません。我が家には来ませんので、ご心配なく。 本当に必要とされている方々に、義援金が届いていないことを言っているのです。義援金は、深刻な被害を受けた方に送られます。 というのも、私の母の友人が沿岸部で被災しており、その方は家の一回が完全に浸水して、現在は二階で生活しております。 しかし、今後の不安などから、とてもつらい生活を送っているようで、明日も母が訪問に行くのですが、私も及ばずながら、少しでも気持ちが軽くなってもらえれば・・・と、ケーキを焼きました。 その方は、以前両親がわずかばかりですが物資や食べ物を運んで行ったのを気にして、今回はとにかく、会いに来てくれるだけでいいから、今回は、何もないけど、私が何か作ってご馳走するから、とおっしゃっているのです。 なんだか、涙が出てきます。 そんな方がたに、一刻も早く義援金が届いて欲しいと願っています。 どうも、家が全壊で、仮設住宅に入った方にも、義援金はまだ届いてないようなんですよね・・・。 今回は、小嶋ルミさんのレシピで、抹茶のシフォンケーキを焼きました。

ma3.jpg

初めて焼くケーキで、プレゼントなのに、心配で一切れ味見をしました。 すみません。

ma2.jpg

とても美味しいのですが、膨らみが悪いですね。 抹茶やホワイトチョコが入っているので仕方ないのでしょうが、全く本のようには膨らみません。 プレーンシフォンの経験から、材料を一割増しで作ってみたのですが、膨らまない・・・。 完全に冷ますと、こんな感じです。

ma.jpg

本の写真は正しいのでしょうかね。 というか、レシピのような混ぜ方をすると、全くちゃんと混ざらないのは気のせいなのかなぁ。 最終的な生地の状態は、ふんわりして、ゴムベラで掬ってもすぐには落ちないようにしてありますので、悪くはないと思いますがね。
comments (5) : trackbacks (0) : Edit

クロワッサン作ってみた。

なんと言いますか、クロワッサンを家で作るって、最高の贅沢って気がしますね。 まだまだ震災の爪あとの残るこの土地でクロワッサン作りなんて、罰当たりもはなはだしい気がしますが、もう、どうしても作りたくて、辛抱たまらなくなったのです。 さて、クロワッサン。 皆さんはどんなクロワッサンがお好みでしょうか。 私は、とにかくバリバリっとした歯ごたえがあるものです。 表面はバリバリなのに、中心は、バターの風味豊かなしっとりとした生地。 最高ですね。 私が歯ごたえといい、味といい、最高だー! と思ったクロワッサンは、以前、安食シェフがいた頃に食べた「デフェール」のクロワッサン。 もう、衝撃としか言えなかったです。 多分、食べた時の湿度とか、焼き上がりからの時間などが、ドンピシャのタイミングであっていたのでしょうね。 メゾンカイザーのクロワッサンも、もちろん好きです。 今ではお店も再開しましたので買えるようになって、嬉しい限りですが、やっぱり高いのよね・・・。 というわけで、そんなバリバリでありながらしっとりしたクロワッサンを目指して、作ってみました。 昔、物の本で、表面がバリっとサクっとしたクロワッサンを作るには、一次発酵を長時間冷蔵発酵にすれば良い、と読んだことだけは覚えていました。 そこで、参考にしたのは、eパン工房というサイトさんのレシピ。 このサイトさん、 パン作りの疑問に対する全ての答えがここにあると言っても過言ではないと、私は断言する。 ・・・ほど、素晴らしいサイトさんです。 こんな細かな情報をただで頂いていいのかね、というほど丁寧で、分かりやすい説明には、ほんと、頭が下がりますよ。 実は、レシピの材料については、別のどうしても試してみたいパン職人の配合があったので、そちらを使ったのですが、作り方は、eパン工房のやり方を完全に模倣いたしました。 そして、出来上がりがコチラ。

cr2.jpg

ううむ。最高です。 見た目最高です。 実は、私の悪い癖で、一回目の焼き時間を2分ほど延長したのですが、まぁ、どんなお菓子でも焦げ気味にするのが好きなので、問題ありません。 2回目は、キチンと時間を守りましたが、ちゃんと焼けていました(当たり前じゃ)。 お味は・・・。 最高です!! 表面バリバリ! 中はしっとり!! うまひぃぃぃ! 2回目の焼き皿のクロワッサンは、チョコクロワッサンにしてみました。 世の中には、デニッシュ用のチョコレートなどというものがあるのですが、もちろん手持ちにはないので、チョコチップを適量中心に忍ばせます。

cr.jpg

最高です。 最強です。 苦労した甲斐があったってもんです。 そう。 クロワッサンは、大変です。 時間がかかります。 捏ねるのは全く簡単でいいのですが、一晩冷蔵庫に寝かせて発酵させるのです。 つってもそれだって、冷蔵庫に入れているだけなんで、手間無しなんですが、一晩明けて、冷蔵庫を開けた私は、戸惑った。 全く発酵しているように見えない。 eパン工房のレシピでは、一晩発酵させたら、2〜3倍に膨らんでいるはずと書いてあるのですが、一ミリも膨らんだようには見えません。 ・・・(・ε・)キニシナイ!! 続行です。 ではクロワッサンの何が大変なのか? 三つ折りなどの伸ばしに耐えるように加工した、折込用バターを入れて、冷やしたり伸ばしたりの時間が、クロワッサンのハイライトでしょうな。 これが、粉だらけにはなるわ、いちいち冷蔵庫に入れなきゃならんわ、グルテンのせいでなかなか生地が伸びないわで、異様に疲れるんですわ。 しかし、ここをクリアーすれば、後は不可解な二次発酵を残すのみ。 二次発酵って、難しいですよねー。 全く理解できません。 今日は寒かったので、最初の1時間、全く発酵せず、ヒーターを入れて、やっと発酵したときには、2時間経過しておりましたのよ、オホホホ。

cr3.jpg

というわけで、完成しました! いや、これは、高くても仕方ないわね。 美味しかったです!
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

懐中電灯。

震災後のお話ですが・・・。 4月7日の二度目の大きな地震の後。 3月11日の地震による停電で苦労したにも関わらず、その後特に寝室に懐中電灯を置くなどの備えをせず、夜中の停電で、苦労したという話を、職場でしたところ、非常に呆れられまして・・・。 職場の方は今でも枕元に懐中電灯を置いて寝ているそうです。 危機感ゼロの私を見かねて、ある日 「これ、もっててください!」 と、渡してくれたのが、これ。

d.jpg

手のひらにすっぽりと収まる小さな懐中電灯です。 ドンキホーテに売ってるそうな。 しかししかし。 小さいといっても、LEDで、とっても明るいです。 これ一つで、暗い部屋がすごく明るくなります。 しかも、上部を注目。 そう、太陽電池で、電池要らずという・・・。 至れり尽せり。 まぁ、ボタンを押しつづけなければならないのですが。 とはいえ、これ一つで、大きな懐中電灯を探し出すまでは、しのげます。 感謝です。ありがとうございます!
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

シフォンケーキ比較。

来週、母から近所の方にプレゼントする為にシフォンケーキを焼いて欲しいと言われ、どのレシピで作るか考えました。 小さいお子さんがいる家庭で、お子さんは紅茶などのフレーバーがついていると食べないとのことで、プレーンシフォンがいいとのリクエスト。 プレーンシフォンって、意外と作ったことないんですよね。 しかも、そこの奥さんがシフォンケーキ大好きらしくて、また悩ましいところです。 そこで、小嶋ルミさんのと、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのレシピ両方を作って、どちらが奥さんの好みか、聞いてみることにしました。 まずは 小嶋ルミさん。

ko.jpg

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌのレシピでばかりシフォンを作っていたので、緊張しました。 が、切ってびっくり食べてびっくり。 もんのすごくふわふわで柔らかい。キメが細かい!一切れにすると自力で立つのも難しい。 時間が経つと、下のほうがつぶれるくらいでした。 でも卵の風味がしっかりしていますね。 シュワっと溶けていく感じはまさにシフォンケーキのイメージそのものです。 次にイル・プルー。 今まで、普通の薄力粉で作っていましたが、訳あって鳥越製粉のフランスパン用の粉を購入しましたので、早速使ってみます。

i.jpg

うわぁぁぁ! 初めてくらいに、綺麗に型抜きできたー!(あ、私にしてはってことで) 感動しました。

i2.jpg

おおおお。 確かに、中力粉使用なだけあって、キメは荒め。しかし、本のような感じではあります。 今回、170度に落としてから6分半くらいで取り出しました。上の割れ目に十分焼き色が付いたようなので。 オーブンが今日は十分熱かったのか、早く焼けたようです。 食む。 おおおお。 確かに、最初の歯ごたえはしっかりとある。 しかし柔らかい。シュワっとシフォンらしい音、食感もする。 味は蜂蜜。きちんとしっかりした甘さを感じます。 これは美味しいなぁ。 うーむ、甲乙付け難い。
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

GW中。

こんばんは。 久しぶりに、姉一家が我が家に帰ってきまして、色々楽しく過ごしました。 今回、姉に買ってきてもらったのが、 「Victoire」 の、とろけるブリオッシュその他色々。 写真、とったはずなのに、とろけるブリオッシュしか画像がなくてすみません・・・。

v

これが! すっごく柔らかくて、ふんわり。 まるでわた飴みたいな食感であります。 びっくりですよ。 この他に、クロワッサン、塩キャラメルクロワッサン、メロンパン、キャラメルスコーンなどなど、沢山買ってきてくれました。 どれもとっても美味しかったー。 中でも、びっくりなのが、メロンパン。 メロンパンって、割と中のパンがパサパサしてるじゃないですかー。 でもこのメロンパンは、ものすごーくしっとりしてふんわりしてるんですー。 これは絶対食べなきゃ損損! お勧めです。 あと、作ったのがこれ。

l

以前も作って、美味しいのは分かっている(笑)、ようちゃんさんのレシピで、レモンタルト。 姉に作ってあげたのは初めてですが、姉の旦那様も、甥っ子のゆうたんももちろん姉も、 「おいしいー!!」 と大絶賛してくれました。 ようちゃんさん、ありがとうございます! 姉が帰る日に作ったので、姉が半分を持って帰りましたよ。 このタルトは鉄板ですね。 なんというか、東北新幹線や、東北道がつかえないと分かった時は、本当に辛かったですが、こうして開通して、行き来できる喜びを感じる時が来るとは・・・。 本当に感謝です。
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

ひと月休んだ。

こんにちは。 お久しぶりです。 なんて言うか、休んでました・・・。 ブログのお友達のところにも全然訪問できておらず、すみません・・・。 なんとなく、書くことがないわけではないのですが、書く気が起こらないというか。 あ、GW中は、姉の家族が横浜から来てくれたりして、楽しく過ごさせていただきました。車で来てくれたのですが、道中、福島のあたりから姉は泣きっぱなしだったそうです。 やはり高速道路からも被災の様子が見て取れたようで、辛かったようです。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit
1/1