SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

レモンメレンゲ・パイ。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック。

今回は、ハンナ・スウェンセンのクッキージャーシリーズ第4巻「レモンメレンゲ・パイが隠している」より。
表題にもなっているレモンメレンゲ・パイです。

毎週金曜日にクッキーのほかにパイを売り始めたハンナ。でも、よりによって殺人現場に残されていたものは、ハンナのレモンメレンゲパイだった…。

レモンメレンゲ・パイ。
もう大好き〜!
初めて食べたときからその味の虜です。酸っぱいレモンクリームと、その酸っぱさを中和してくれる甘くてふんわりしたメレンゲ、そしてぱりぱりさっくりしたパイの歯触りと香ばしさが三位一体となった絶妙なる美味は、何物にも代えがたいですよ!
レモンクリームにメレンゲをのっけようって考えた人。さらにパイ生地を受け皿にしようって考えた人、本当に天才
でもこのデザートには一つだけ問題が…。
最高の状態を保つのが激ムズなこと!
私が初めてレモンメレンゲ・パイを食べたとき。
それは中学生の時にお菓子の本を読んで、作ってみたとき。
今思えば、作ってみた自分をほめたいんだけど。
だって、その本、パイ生地にメレンゲがどーんって乗っかった写真しか乗っていなかったんですもん。中にレモンクリームが入っていることがわかるような断面図とかナシの状態だったんですね。作り方の写真もなかった。でも、文章だけで作ってみようと思った。

作ってみた。
衝撃を受けた。
感動した。
これほどおいしいお菓子がこの世にあるのか、と思った。
夢のような菓子だと思った。
もっと食べたいと思った。
こればかり食べたいと思った。
そして、なぜこの素晴らしい菓子がお店に売っていないのか、と疑問に思った。

あっという間に、その謎が解けた。
メレンゲが離水して、パイが水を吸ってべしゃべしゃになった。
ふんわりした食感の中に感じるぱりぱりとしたパイの香ばしさがあってこそ、この菓子は完璧なのだ。
なんと儚い菓子なのか。
まさに瞬間の美を愛でる菓子ではないか。
菓子屋でこのパイが完璧な形を保つことは至難の業であると悟った。
メレンゲを完璧に保つ技術を持たぬ自分に、絶望を感じていた。

その後フランス菓子のお店などでは、レモンタルトとして売っていることが判明するのですが、それはまた別のお話。

まぁ、そんなわけで、
レモンメレンゲ・パイは大好きです(笑)。
そして、現在では何とかメレンゲがベシャベシャに水が出ないくらいにはコツをつかんだので、パイがすぐにひどい状態にはならないようにはなったのですが、でもやっぱり卵だし、そう長くは置けないお菓子なんですよね。
作った当日でないと、この菓子の真の美味しさは理解できぬであろうことに変わりはないのだ。
とはいっても、どんなパイでも、作った当日が一番美味しいんですが。
でもメレンゲの離水って、怖いですよね〜。
いろいろコツを勉強しても、メレンゲって、一瞬の気の迷いで失敗するからさー。
特に昔はフレンチメレンゲしか方法を知らなかったし。

さて。
そんなに好きなレモンメレンゲ・パイ。
なのに、なんで今までこのハンナのレシピを放置していたのか!?
と言われると、もう言い訳のしようがないんですが(汗)。
なんとなく、放置していました(笑)。
まぁ、いつにもまして前置きが長くて申し訳ありません。

さて、ハンナのレモンメレンゲ・パイですが、レシピはなんと、27僂離僖せ一つ分!
でかい!でかすぎる〜!
さすがアメリカ。その昔、マーサスチュワートのパイとタルトの本を見た時も、30センチのパイ皿とか普通に出てきて、アメリカの大きさを実感したものでした(汗)。

で、私の手持ちは23cmのパイ皿なので、そのサイズに合わせて量を換算して作りました。
このレシピの特徴としては、レモンクリームにライムジュースが入っていること。ライムのきりっとした爽やかな酸味がリサのお気に入りだそうです。ライムジュースが入るレモンパイは初めてですので、楽しみです。
でも、なんとフィリングに入るグラニュー糖はレモン汁60mLに対して約150g!
レモンパイのクリームはとにかく酸っぱいのが私は好きなんですね。なので、申し訳ありませんが、ここは100gに減らすことにします。
そして、メレンゲに入る砂糖が約36g!卵白3個に対して、これはちょっと少ないのではないのかと不安に思って、これには砂糖を増やすことにしました。つまり、レモンクリームで使わなかった砂糖をメレンゲのほうに、ちょっと減らしてスライドさせて使います。なので、砂糖の全体量としては、ほぼプラスマイナスゼロってことです(汗)。
でも、砂糖が少なすぎると、メレンゲの安定もあまりよくないと思いますし、メレンゲとレモンクリームの味のバランス的に、私好みで作らせていただくことにします。

長々と本当に申し訳ありません。
材料は、(23僖僖せ一つ分)
パイ皮については、レシピがないので、勝手にコチラで用意します。

l5.jpg


うん。パイ生地の縁を飾ってみたかったけど、かなり失敗しています。
これってどうやったらうまくいくの!?
もう分かりません!
まぁ、いいや。
パートブリゼ生地をあらかじめ狐色になるまで、焼いておきます。

フィリング

l.jpg


全卵2個、卵黄3個分(卵白はメレンゲ用に取っておく)、グラニュー糖100g、水86mL、コーンスターチ15g、ライム絞り汁20mL、レモン汁60mL、レモン皮の摩り下ろし小さじ1、無塩バター9g、

メレンゲ
卵白3個分、クリームオブタータ(レシピではベーキングパウダーと記載してありますが、多分誤訳だと判断して、クリームオブタータを使います)小さじ2/5、塩少々、グラニュー糖75g

では、作ってみましょー!
オーブンは180℃に温めておく。

フィリング
注)レシピでは、湯煎で作っていますが、私は直火で作っています。

l2.jpg


鍋に卵黄と全卵を入れて、かき混ぜる。ボウルに、水、ライム絞り汁、レモン汁を加える。グラニュー糖とコーンスターチを混ぜてから鍋に加えて、よくかき混ぜる。
火にかけて、フィリングが持ったりするまで手早くかき混ぜる。
鍋を火からはずし、レモン皮の摩り下ろしとバターを加え、よく混ぜる。

l3.jpg


レシピにはありませんが、一応濾し網で濾しました。卵白などがぶつぶつした状態であるので、滑らかな舌触りのためには、濾した方がいいと思います。

l4.jpg


表面にラップをくっつけて冷ましておく。

メレンゲ
綺麗なボウルに卵白を入れ、クリームオブタータと塩を加えて混ぜる。
軽く角が立つまで卵白をあわ立てる。
グラニュー糖を少しずつ加えながら、さらにあわ立てる。
固く泡立ったらボウルを傾けて、メレンゲが流れてこなければ出来上がり。
(↑と、書いてありますが、メレンゲの状態は、文字では書くのが難しいので、ここはやってみるしかないのですが・・・。)

仕上げ

l6.jpg


焼いておいたパイ生地に、フィリングを入れ、ゴムベラで平らにならす。

l7.jpg


洗って水を拭いたゴムベラで、フィリングの上にメレンゲを載せ、パイ皮のふちまで広げる。
メレンゲの表面に角を立てる。
ですが、今回はこんな風に作ってみました。ちょっと失敗しましたが(笑)。
180℃のオーブンで10分パイを焼く。(私は220℃で5分ほどにしました)
オーブンからパイを出し、ラックに載せて室温で冷ます。

l8.jpg


出来上がり!

では早速・・・。

l9.jpg


あ、本当に冷たい水で包丁をぬらすとうまく切れるなぁ・・・。

食む。

美味しい!
やっぱりレモンパイはおいしいなぁー!
レモンクリームはちょっと甘めですが、私みたいにガチガチに酸っぱいのが好きな人でなければ、ちょうどいい酸っぱさだと思います。
メレンゲも私はこれくらいでちょうどいい。
メレンゲはうまく出来ました!離水も大丈夫でした。
ライムの絞り汁がどう作用しているのかは、正直分かりませんが(汗)。
レモンオンリーより、尖った酸っぱさになるのかなぁ?
でもレモンクリームの、元のレシピ量の砂糖を入れちゃったら、かなり甘くなってあんまり分からないような気がしますが!(汗)。


それにしても美味しい!
メレンゲのシュワシュワ感とレモンクリームのねっとりさが合わさって生じるえもいわれぬ軽さ、それにサックサクのパイ生地の香ばしさが合わさることで奏でられる妙なる調べ・・・。
あー、最高やね。

甘さの調節は自分でする必要がありますが!
作って良かった!

l10.jpg


召し上がれ!


今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

カレー風味のチキン・サラダ。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第15巻、「クッキングママのダイエット」より。
カレー風味のチキン・サラダです。


注)ドレッシングの量は、作りやすさのため、多めに作って、必要量だけ使っていることを書き忘れたため、追記しました。

こちらは、kabatanさんも再現なさっていますので、そちらもどうぞ。
ゴルディが旦那様のトムと一緒に作っている料理です。
文庫本の表紙にもこの料理が写真で載っています。表紙一覧はコチラ(順不同)。やっぱりプロの盛り付けはすごいですよね〜。
サラダといいつつ、野菜といっていいのは赤玉ねぎだけで、後は鶏、みかん、パイナップル、レーズン。
ウーム・・・しかもカレー味。とっても不思議なサラダですが、どんなお味なのか!
酢豚にパイナップル以上の何かを感じますけど、いっちょやってみましょう!

レシピでは、4〜8人前ですが、ゴルディのサラダも、とにかく1人前が大量なので、1/8量で作りたいと思います。
材料は
皮付き骨付きの鶏胸肉1/2枚(日本で骨付き胸肉ってないと思いますので、皮付きでよろしいと思います)、
最高級(ってレシピに書いてあるの)エクストラヴァージンオリーブオイル、海塩(っていうか、塩)、黒胡椒適宜
みかんの缶詰水気を切ったもの90g、パイナップルの缶詰ひと口大に切る(私はちょうど家にあったので、生のものを使いました)40g、レーズン(うちになかったので、プルーンを刻んで使いました)大さじ1、赤玉ねぎ(がなかったので、普通の玉ねぎ)大さじ1+小さじ1

k9.jpg


ドレッシングの材料:(ドレッシングは、作りやすさのため、1/4量で作り、その半量を肉類に混ぜました。)
最高級マヨネーズ(キューピーで・・・)90mL(大さじ6)、カレー粉大さじ1/4、チャツネ大さじ1/2、塩小さじ1/2、サワークリーム大さじ1/2、ライムの絞り汁大さじ1/2、塩をまぶしたピーナツ適宜

このドレッシングがまた凝りに凝った内容で、材料を集めるだけどで大変ですよね・・・。
チャツネなんですが、画像の通り、マンゴーチャツネの小袋を買いました。カレールーの売り場にあります。でも、なんというか、ジャムみたいなものかと思って見くびっていましたが、開けてみてびっくり!
くっさいのねー!(笑)
にんにくとスパイスの香りがなんとも言えず、強烈に臭い(汗)。
でもそれだけに、あるのとないのでは明らかに結果が違ってきそうな雰囲気がぷんぷんと漂っています(笑)。今回使うのはちょびっとなので、残りは翌日カレーを作ったので、それに入れました。カレーの味に深みが増して美味しくなりましたよ♪

では、作ってみましょー!
オーブンを200℃に余熱しておく。
レシピには特に記載がなかったのですが、胸肉をラップで挟み、麺棒などで叩いて伸ばしておく。こうすると肉がとっても柔らかくしっとりします。

k10.jpg


胸肉に、オリーブオイルを塗りこみ、塩コショウをして、ベーキングシートをかぶせる。

k11.jpg


(レシピにはシリコン加工と書いてありますが、私は紙のクッキングシートを折り込んで、包み焼きみたいにしました)
オーブンに入れ、15〜20分ほど焼く。(レシピでは20から40分と、かなり幅のある焼き時間の指定です。私は、肉を叩いて薄くしたし、1/2枚だったので、様子を見ながら焼きました)中までピンク色が残っておらず、白く焼けていれば出来上がり。

k12.jpg


オーブンから出して冷ましておく。
胸肉が完全に冷めたら、皮と骨を取り除き、肉を一口大に切る。120mL量ることになりますが、私は70gほどになりました。

k5.jpg


ボウルに、胸肉とみかん、パイナップル、レーズン(私はプルーン)、赤玉ねぎ(私は普通の玉ねぎ)を入れる。

ドレッシング作り

k8.jpg


k7.jpg


マヨネーズとカレー粉、チャツネ、塩、サワークリーム、ライムの絞り汁をよく混ぜる。

k6.jpg


k4.jpg


ドレッシングの半量を肉類に加えてよく混ぜる。ラップをして、冷蔵庫で24時間寝かせる。(カレーやニンニクの匂いがするので、蓋のできるタッパーなどに保存するのがいいかもしれません)
ここで味見。
結構辛い!
カレー粉が非常にピリッと効いて、刺すような刺激です。

で、24時間後。
盛り付けて、ピーナツを砕いてパラパラ振り掛けます。

ka.jpg


出来上がり!

おお・・・。
ていうか、これを一人分って無理ですよぉ!
ヘタすると、これの2倍量が1人分なのに・・・(汗)。
サラダだけで一食の計算か。
それにしては、缶詰のみかんとパイナップルって、おかしいよ(笑)。

k3.jpg


でもチャツネのスパイスにも左右されると思いますが、チャツネのガーリック、スパイスの香りが食欲をそそります。
なんだかんだ思いつつ、早速。

食む。

美味しい!
冷蔵庫で寝かせる前は、カレーの辛さが際立っていましたが、寝かせたことでものすごくマイルドな味になっています。こなれたというか。これは絶対寝かせないとですね。
そして、鶏肉がものすごく柔らかくなっています。
焼く前にたたいたことも関係あると思うのですが、すごくしっとりしていておいしい。
心配していた、みかんとパイナップルですが、いやー、意外といけますよ。
なんと説明すればいいのか本当に悩みますが、アリかナシかで言ったら、絶対「あり」の味。
確かにみかんの味だし、パイナップルなんですが、それが不思議なほどカレードレッシングになじんでいるんですよね。胸肉の淡白な味も、フルーツが自然になじむ要因かもしれません。そして、ピーナツのカリカリした歯ごたえがまたうれしい。
日本人にしてみると、やっぱり量が多くて、これを主菜にしてって言われると、かなり困る感じなんですが(笑)、確かに不思議だけど、サラダといわれるとサラダなんですよね。
kabatanさんが、ケータラーならではのパーティー料理かもっておっしゃっていましたが、まさにそんな感じです。
ちょっと変わったものを出したい時にいいかな。

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

ノーマンの卵サラダ。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、ハンナ・スウェンセンのクッキージャーシリーズ第11巻「シュークリームは覗いている」より。
ノーマンの卵サラダです。

ノーマンの家で、事件現場の防犯ビデオを見ることになったハンナと妹達。ノーマンは、ハンナが好きな卵サラダをたくさん作っておいてくれました。いや、もうここら辺も突込みが追いつかない状態ですが、この巻は、警察の検死報告書などを保安官自らが素人のハンナに渡して捜査をお願いするとか、本当に現実離れしすぎて、酷いです。
まぁ、ノーマンのハンナに対する思いやりがとても良かったので、ギリギリ読めるという感じですけど(汗)。

まぁ、そんなこんなで、ハンナがノーマンにレシピを教えて欲しいと頼むほどの卵サラダ。どんな味なんでしょうか。
ハンナが『今まで食べた中で一番美味しい』と言っているだけあって、なかなか凝った内容みたいです。

レシピはとにかく大量に出来るみたいで(いつものことですが)、なんと特大卵1ダース分!なので、材料の1/8量で作ることにしました。

材料は、
殻をむいて、刻んだ固ゆで卵120mL分(刻んでから量ること。私はMサイズの卵2個分使いました。)、焼いて微塵切りにしたベーコン大さじ2、パセリ微塵切り小さじ約1/3、にんじんすりおろし大さじ1/2、クリームチーズ14g、サワークリーム大さじ1/2、マヨネーズ大さじ1、ガーリックパウダー少々、オニオンパウダー少々(又は生の玉ねぎでも可)、塩コショウ少々

n.jpg



ノーマンによると、卵はあまり細かく刻み過ぎないようにして、歯ごたえを残すそうです。
ゆで卵は、Mサイズ2個では少し多いくらいなので、あまったのは食べてしまうか、マヨネーズを多目にするかしてください。
ベーコンは、カリカリになるまで焼いたものを刻んでいます。

では作ってみましょー!

n2.jpg


クリームチーズをレンジでチンして柔らかくし、サワークリームを混ぜ、さらにマヨネーズを加えてよく混ぜる。
ガーリックパウダー、オニオンパウダーを混ぜる。

n3.jpg


ベーコン、パセリ、にんじんのすりおろしを加え、卵も加え、よくかき混ぜる。
塩コショウで味を調え、食卓に出すまでよく冷やす。
レタスの葉に乗せたり、サンドイッチにしたりして食べる。

n5.jpg


出来上がり!

塩コショウで味を調えるとのことでしたが、私はチーズやベーコンの塩気で十分だったので、胡椒のみかけました。

n4.jpg


オープンサンドにしてみました。

食む。

美味しい!
思ったよりソースはたくさんではありませんが、チーズが苦手の母が美味しいって言ってくれたので、マヨネーズでカバーされて、チーズは気にならない程度なのかと。
ベーコンなどが入ることで、単調になりがちな卵に味の変化があっていいですね。
ベーコンなんかを入れるのは、普段の卵サラダにも取り入れたいですね〜。
それにしても、ハンナがダイエットダイエットって言っている割に、脂肪分たっぷりのソースですね・・・。

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

あ〜。

ミステリークッキングの記事書いたのに、ミスで消してしまいました…。
バカ…。

久保田8失点とか。
うーん…。
あの時の君はすごかった。それは忘れない。

今日はあきらめて寝ます(爆)。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

ガブリとひと口プロシュット。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第13巻「クッキングママの遺言書」より。
ガブリとひと口プロシュットです。

ゴルディ一家と親しくなったガス・ヴィオカリス。今回は、彼の洗礼式にゴルディが用意したフィンガーフードです。
ちなみにこのときのメニューは、アスパラガスのキッシュ、自家製パン、フレッシュフルーツサラダ、シートケーキ。おいしそうです〜。クロワッサン生地にプラムジャム、ドライプラム、プロシュットハムを載せ、さらにクリームチーズで飾り付けた一口で食べられるオードブル。いかにもオシャレですね。
作っていたゴルディがつまみ食いせずにはいられなかったものですが、お味は・・・?

材料は、レシピでは32個(口)分ですので、半分の16口分を作ります。

g9.jpg


クロワッサン2個、プラムジャム90mL(裏ごしする)、ドライプラム(プルーン)2個、プロシュット3枚、山羊のチーズ(クリームチーズでもいい)80g

オーブンは190度に余熱しておく。
クロワッサンは、再度加熱するので、1個200円とかの上等のものじゃなくて十分です。

g10.jpg


私はパ○コの袋入りクロワッサンを使いました。オーブンで焼くと、こういうクロワッサンでも、焼き立てみたいにさっくりサクサクになるんですよね〜。

g11.jpg


プラムジャムは、輸入食材店で買いました。本文中では少し苦味があると書いていましたが、特にそう思わず、甘くて美味しいです♪

では、作ってみましょー!
クロワッサンを水平に切り、天板に並べてジャムを塗る。

g8.jpg


注)ドライプラムは、レシピでは一つを4等分すると書いてありますが、一つのクロワッサンに1つの計算で、最終的にクロワッサンは8等分するので、ドライプラムも8等分するのではないかと思います。今回はそのようにしました。

g7.jpg


ドライプラムは一つが結構大きいので、8等分しても、一口分として、十分だと思いま。
ドライプラムをジャムの上に当分に置く。
プロシュットの脂肪分を切り取り、ジャムの上に広げて載せる。スライスしたクロワッサン一つあたりに一枚の3/4枚。

g15.jpg


クリームチーズを小さじ半分くらいに切り、ハムの上に載せる。

g12.jpg


オーブンで10分ほど、チーズが色づきはじめるまで焼く。
分かりにくいですが、うっすら色づいています。ハムも焼けて縮んでいます。
オーブンから取り出し、5分ほど冷ましてからまな板に移し、よく切れる包丁で4等分する。(一口で食べられる大きさに)

g13.jpg


出来上がり!

g14.jpg


おお・・・。
これ、本当によく切れる包丁でないと、切るのは難しいですね〜。私は、パンきりに使っている電動ナイフで切りました。
クリームチーズの載せ方が、最初よく分からず、小さくばらばらにして乗せましたが、見た目ゴロっと載っていたほうがかっこいいかなぁと思って、こちらのバージョンも作ってみました。

ものすごくいいにおい!

食む。


美味しい!!
ジャムの甘さとハムとチーズの塩気が絶妙です!
正直、チーズをゴロっと乗っけたほうはチーズがちょっと勝っている感じがしますが、山羊のチーズだったらどうなんでしょうか。チーズをバラバラに乗っけたほうは、小さじ1より少ないと思いますが、そちらの少なめのほうがよりバランスが取れて美味しいと思います。
ちなみに、チーズをバラバラに乗せたほうはこちら。

g4.jpg


g2.jpg


チーズは少なめのほうがおいしいかな?
でもサクサクしたクロワッサンとジャム、ハム、チーズを一口で口に入れると、本当に美味しいですよ♪

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (6) : trackbacks (0) : Edit

雪!

もう〜。
勘弁!
今朝雨戸をあけると、そこは雪国だった…。

y.jpg


朝一で撮った画像です。

y2.jpg


まだまだ降っています…。
明日の通勤大丈夫でしょうか。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit

もっと積極的にいかな!

ああー、もうー。

今日の阪神戦、解説は我らが濱ちゃんです。
濱中治氏です。

…。
濱ちゃん、どうですか?

いや、どうですかって聞かれても、意味が分からないと思いますが。
なんというか。

もっと積極性がほしいんですよね。
選手じゃなくて。

濱ちゃんに。

つまり…。

もっとしゃべって!ってことなんですけど…。

去年から解説者として活動している濱ちゃんですけど。
どうもねー。
しゃべんないんだわ!(笑)

いやね、選手時代からヒーローインタビュー聞いていた身としては、分かっているんですよ。

口下手だってことは!!(汗)

それにしてもさ。
しゃべんないんだなぁー。

もうね。
濱ちゃんが解説の回は、静かすぎて〜。
去年よりはまだましになってると思うんですけど、
去年なんて、一回の攻撃をまるまるほぼ無言で通した回もあったもんね(笑)。
でもね〜。
今年になっても、

「現在場内の音声のみで放送しております。」

ってテロップが流れるかもってくらい、静かな時もある(涙)。

今日も今日とて、
父が
「あ〜、もう、どうしよーもないなぁー(怒)」
って言うからなんだと思ったら
「濱ちゃん、しゃべれへん!」
ってさ(笑)。

やっぱりね〜。
投球一球一球にドラマを感じてストーリーを語り聞かせてくれる掛布氏とか(笑)、とにかく辛口な広沢氏とか、しばしば冗長になりながらも選手のプレーを細かく説明する赤星氏とか、「ほら打ってみぃ!」とか言っちゃう佐々木氏とか、必要なものは?と聞かれて「気合やね!」って答える川籐氏とか、真剣になるあまりテレビの前のオッチャン化して解説を忘れる川籐氏とか、テレビの前オッチャン的雑談し始める岡田氏とかとかとかに慣れているこちらとしては、すっごく肩すかしを喰らってしまうんですよね〜。

あの桑田ですら、あれだけしゃべるのにさ〜(WBCにて)。

とにかく、もっと頑張ってしゃべってくださいな。
あんまりしゃべんないから、もう笑っちゃうんだよね(笑)。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

クランチ・タイム・クッキー。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第16巻「クッキングママと仔犬の謎」より
クランチ・タイム・クッキーです。
ちなみに、クランチタイムとは、アメリカの俗語でふんばりという意味らしいです。

息子アーチが通う高校の食事会に持っていったデザートがこれです。
このクッキーを作る時に旦那様のトムが買ってきてくれて、美味しかったものを入れてみよう!って思いつくんですが、その材料がトフィー。トフィーって、日本ではあまりなじみがないと思うんですけど、文中では、(硬いキャラメルみたいな板状の)トフィーにチョコレートがコーティングしてあって、ナッツがかかっているという描写になっています。一応探してみたんですが、どうも輸入食材店でも見当たらなかったんですよね〜。アメリカではなんと、このトフィーが粒状になって製菓材料として売っているみたいなんですけど・・・。これとかそれとか。ほんと、すごいね、アメリカ。
しかし、とりあえず手に入らないので、今回はトフィーから自作しようと考えたわけなんですね。その回は前回でして・・・(笑)。
はい。見事失敗しております。
で、なんとか日本で手に入るトフィー・・・と考えた結果。
これだ!!

c6.jpg


はい。
ヴェルタースオリジナル。
まぁ、これでいいんじゃないかと(汗)。
多分、キャラメルっぽいものっていうくくりでよいと思います。
本当はこれにチョコレートでコーティングしたいんですけど、甘くなりすぎる気もしますので、今回はこれで行きます。
ちなみに、再現料理仲間のkabatanさんも、こちらで再現なさっていますよ♪

材料は、1/3量で作りました。全量で48枚できるとのことなので、1/3量だと、大体16枚の計算です。

c13.jpg


ペカンナッツ37g、中力粉55g、塩少々(本来1.6mLですが、今回クリームチーズも入っており、トフィーにも塩が入っているはずなので、ほんの少々にしました)、ベーキングパウダー小さじ1/6(約0,8mL)、ベーキングソーダ小さじ1/6、無塩バター80g、クリームチーズ18g、ブラウンシュガー50g、グラニュー糖35g、卵40g、バニラエクストラクト小さじ1/3(約1,6mL)、オートミール85g、セミスイートチョコレートチップ93g、トフィー(ベルタースオリジナル)8粒(細かく砕いておく)

c12.jpg


ベルタースオリジナルは、とっても硬いです!(笑)太い麺棒でバンバン叩いてやっとという感じで、最初からミルサーなどを使えばよかったと思いましたです。

無塩バター、クリームチーズは常温に戻して柔らかくしておく。卵も常温に戻しておく。

では、作ってみましょー!
フライパンを弱火にかけ、ペカンナッツを炒る。ペカンナッツからいい香りが立つまで。冷まして粗微塵に切っておく。
小麦粉と塩、ベーキングパウダー、ベーキングソーダを一緒にふるう。
ボールにバターとクリームチーズを入れ、クリーミーになるまで攪拌する。

c11.jpg


ブラウンシュガー、グラニュー糖をいれてよく混ぜる。

c10.jpg


卵を少しずつ加え、よく混ぜる。

c9.jpg


粉類を加え、さっくりと混ぜ、

c8.jpg


オートミール、チョコレートチップ、

c7.jpg


ペカンナッツ、砕いたトフィー(ベルタースオリジナル)を加えてよく混ぜる。

c5.jpg


ラップをして、冷蔵庫で3時間〜一晩寝かせる。

オーブンを190℃に余熱しておき、

c4.jpg


冷蔵庫から出した生地を、天板に5儡岾屬肪屬い討い。
天板一枚当たり12個となっていますが、私の場合アイスクリームスクープで掬ったら、全部で20個になりました。

c3.jpg


オーブンに入れて、11分、クッキーのふちが茶色になるまで焼く。
オーブンから出したらそのまま2分置いておき、ラックに空けて冷ます。

c2.jpg


出来上がり!
クッキーがすごく柔らかいので、フライ返しなどを使ってラックに移さないと、崩れてしまうと思います。

c.jpg


トフィーの粒がところどころ溶けているのが分かって、キラキラ光っています。
では早速

食む。

美味しい!
食感としては、チューイー。
オートミールやペカンナッツがたくさん入っているので、クランチの名の通り、カリカリ、ザクザクしてはいるのですが、トフィーが全体にまぜっているせいか、柔らかくねっちりした食感ですね。日本人に馴染み深いさっくりサクサクしたクッキーではありませんが、これはこれで美味しいです。
ベルタースオリジナルはハードキャンディーなので、入れることでどんな食感になるのか不安でしたが、火が通ることで、冷えても柔らかでねっとりした感じになります。
チョコレートもたっぷり入って甘いですが、いかにもアメリカ〜ンな味。
クリームチーズでピリッとした味と文中では描写されていますが、それはきっとチーズとトフィーの塩気を「ピリッとした」と表現するのかなと思いました。
甘みが強いので、もうちょっと砂糖を減らしてもいいかもしれませんね。

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

ゴルディのハロウィーントフィー。(失敗編)

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第1巻「クッキングママは名探偵」より。
ハロウィーンのトフィーです。

はい。記念すべきクッキングママシリーズ第一弾よりですが。
ケータリング先で食中毒(?)が出たということで、ケータリング業の停止を言い渡されたゴルディ。仕事がない、お金もないで苦しい生活ですが、息子アーチの通う小学校のために、ハロウィーンのトフィーを作ることにします。
いろいろ悩みは尽きないゴルディですが、料理をしている間だけは、幸せなんです。

これ、実はちゃんとしたレシピとしては記載しておらず、文中に材料と分量が書いてあって、大まかに作り方が書いてあるだけなんで、うまくいくか分からなかったのですが、さる事情により、トフィーが欲しかった私は、これを作ってみることにしました。さる事情とは、他のミステリークッキングの材料でトフィーが必要で、けれども日本でトフィーって言っても、イメージするものが手に入らず、ふと見てみたら、ゴルディが作っている描写があって、一応分量も書いてあるし、うまくいけば、一石二鳥でミステリークッキングできるじゃん?と思い、作ってみることにしたんです。
イメージ上のトフィーは、板状のキャラメル味のカリカリしたハードキャンディにチョコレートがコーティングされて、ナッツもまぶされているような感じなんですけど、ゴルディが作っているのも、ナッツがない以外は、ちょうどそんな感じで、150度まで温度を上げたキャンディに、チョコレートをまぶして溶かしたもの、あるいはチョコレートキャラメルのようにしたものなんです。

とりあえず、さまざまトフィーのレシピを探してみて、どうもゴルディのレシピは簡単すぎ&何かが足りないだろってことはぼんやり不安として感じられるんですけど、まぁ、とりあえずやってみようってことで(汗)。

簡単すぎる不安な材料は以下。
ブラウンシュガー4カップ、 バター900g チョコレート450g
以上。

えー。もっとさー。コーンシロップ入れてみるとか、ないの?塩とかさー。
まぁ、いいけど。

とりあえず、多すぎる内容を15僉15僂侶燭貌りきるように換算して作ってみました。

h6.jpg


バター144gとブラウンシュガー92gを鍋に入れて、

h5.jpg


150℃になるまで加熱。
クッキングシートを敷いた型に流す。

h7.jpg


チョコレートを上に入れ、溶かす。


・・・

・・・。

分離しとる!
ええー。何これ。

全然駄目。
全く変。
バターと砂糖が完全に分離しました。

h4.jpg


ほら。

h3.jpg


砂糖部分を掬うとこんな感じ。
ひどい。

h2.jpg


そして、残った液体(バター)。
チョコレートは・・・もったいないから、ちょっとだけ入れてみて、分離がひどくなるので、入れるのをやめました(笑)。

こうしてトフィーを作ろう!というミステリークッキングは終わりました(汗)。

h.jpg


一応切ってみました。
ぼろぼろ・・・。
味も全然よくありません。
がりがりした、油っぽいキャラメル味なんだけど、なんかよく分からないものです。
ものすごく胃にもたれるし(笑)。
がっかり。

うーん。
砂糖に比してバターが鬼のように多すぎるのが失敗の原因かなぁ・・・と思われ。

すみません。

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

藤浪君初勝利!

昨日の地震で被害が次々に明らかになっていますが、大丈夫なんでしょうか・・・。

兵庫県は阪神甲子園球場では問題なく昨日から試合はできていますね。
はぁー、やっぱり地震からは逃れられないのですね。

そして、待ちに待った藤浪君プロ初勝利の瞬間がやってきました。
6回0封。素晴らしいですね〜。よかったです!
皆が藤浪君の勝利を等しく喜んでいるのがわかって、とってもあたたかい雰囲気でしたね。
しかし藤浪君、インタビュー慣れしていますよね。「そうですね〜」の前置きなしですもんね(笑)。

ほんと、よかった!これからもがんばってください!
comments (0) : trackbacks (0) : Edit
1/2 >>