SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

リリエンベルグのお菓子。

今回は、リリエンベルグのテイクアウトのお菓子です。

ここはザッハトルテなどオーストリアのお菓子が有名ですが、今回は、ちょっと違うところで攻めてみました。

t.jpg


甥っ子にシュークリーム。
カスタードクリームが本当に上品な甘さでおいしい!

t2.jpg


桃のパイ。
桃を半分使ったパイです。
これ以前も食べましたが、パイのサクサク加減、香ばしさ、桃の甘さ、最高です。

t3.jpg


ぶどうのミルフィーユ。
パイ生地の間にもぶどうが挟まっています。
これもパイ生地のパリパリとぶどうのジューシーさが絶妙でおいしい!

t4.jpg


平日限定販売の新百合カスター。

t6.jpg


これが!!
スポンジ生地を是非味わってほしい。このふわふわ加減!
素人には無理だってことだけは分かります!

t5.jpg


中心にパイナップルのムース、周りは杏仁風味のムースで固めたケーキ。
名前忘れました(汗)。
これは思い切って甘い。けど嫌味じゃないほどに甘い。
つまりやはり美味しい。
そして、夏にうれしいジェリーたち。

j4.jpg


こちらは我が家にお土産に持ち帰りました。
(と言っても、私が全部食べました)

j.jpg


日向夏のジェリー。

j24.jpg


桃のジェリー。

j5.jpg


マンゴーのジェリー。
どれも果物の美味しさをそのままジェリーにしたって感じです。

j3.jpg


そして〜!
ミルヒ。
杏仁豆腐ですな。
これが!
只者ではない杏仁の香り!
すご〜く強い香りに悶絶です!
おいしい〜!
これが、すべて手作業で杏仁を杏子から取り出して作っているんですって!
さすがです。全然ふつうの杏仁豆腐と風味が違いますので、食べてほしい!

今回も堪能しました。
暑いから、クッキーなどはパスしてしまいましたが、次回は食べたいなぁ。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit

リリエンベルグのティールーム。

リリエンベルグに行ってきました!
ここのお菓子、ほんと美味しいなぁ…。
お店も、マスコットのくまさんも本当にかわいいので、是非HPをのぞいてみてくださいませ。
実は、この日、前回の記事のティーハウスマユール宮崎台店の後に行ったんです。
車だと割とすぐの場所だったので、ついでに行っちゃえ〜ってことで(笑)。

ro4.jpg


コチラがお店の外観。
もうなんていうか、夢の国みたいです。
リリエンベルグは、通常のテイクアウトのお菓子の他に、平日限定で別棟のティールームでお菓子を食べることができます。
私が行った日は、かろうじて平日だったので、あこがれのティールームに入ることができました。
それが…。
前述のとおり、先ほどかき氷を食べたばかりなので、姉も甥っ子もお腹がいっぱいで、飲み物だけ頼んだのですが、
私は

ro.jpg


これ!
ローズパフェを頼みました〜!!
やった〜♪
可愛いです。
ローズパフェって、薔薇の香りのジェリーやらアイスでおいしいの〜!
パフェと言っても、甘さはとっても控えめ。
なので、お腹いっぱい…と言っていた姉も甥っ子も、これなら食べられるなぁって言っていました。
私もお腹がすいている状態とは言えなかったのですが(笑)、するする〜!って食べてしまいました。

ro2.jpg


こちらは甥っ子が頼んだアイスショコラ。
それにサービスで、杏子ジャムが挟まったクッキーをいただきました。
このクッキーが!
もう本当にサックサクでほろほろと口の中でまさに溶けていくようで感激!
さすがリリエンベルグ〜!って感じでした。
アイスショコラはココアから煮て作ってくれて、作ってくれている間、本当にいい香りが私たちのテーブルに漂ってきて、幸せでした。

ro3.jpg


私たちが座ったテーブルから見えるお庭です。
森の中にあるお菓子の世界にいるのかと錯覚するほど、世界観にどっぷりとつからせてくれます。
いやー、いいお店です。
トイレもかわいいので是非!(笑)

テイクアウトのお菓子は次回に!
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

ティーハウス マユール宮崎台店。

神奈川県川崎市のティーハウス マユール宮崎台店に行ってきました。

もともと紅茶専門店なんですが、紅茶のかき氷が食べられてそれが只者ではないという話をキャッチしまして、是非食べてみたいと思っていました。
姉が車を出してくれて、11時の開店と同時に入店しました(笑)。
でも入ってみると・・・。
カレーのすごいいいにおい!
喫茶店でインドカレーを食べさせてくれるようで、お昼に近い(?)11時ということもあり、かき氷の前にまずカレーを注文してしまいました(笑)。

ka.jpg


これがスパイスがよく効いた本格的なカレーで美味しかったですよ。
姉と私で一皿をシェア、それと別に甥っ子に一皿注文して、ちょっとお行儀悪いかもと思いましたが、取り皿を出していただいて、申し訳ないことでした。
さて、カレーで体が温まったところで、おもむろにかき氷がやってきました!

ka2.jpg


濃厚マンゴ。
本当に濃厚なんだー。とっても美味しい!
最後に溶け残ったマンゴーのシロップを飲んでもマンゴー濃厚で本当に美味しい。
そして綺麗〜!
ふんわりとかぶせられた羽毛のような氷をご覧ください!

ka3.jpg


抹茶のかき氷。
これも濃厚でうまい。
練乳をトッピングしました。

ka4.jpg


で、待ってました特選ダージリンのかき氷!
ひと口食べてびっくり!
ものすごく紅茶のいい香り!
実は、紅茶だけだと飽きるかな?と思って練乳をトッピングしようとしたのですが、店員さんから、これは練乳をかけると、もったいないというか、紅茶の香りが楽しめなくなると言われて、それならと、そのまま食べることに。
確かに!
練乳をかけてはこの風味を存分には楽しめません!もったいないです!
だからといって薄いというわけではなく、紅茶の味も濃いんですよ!
しかし、渋いわけではない!
という、本当に不思議。美味しい。
これはお奨めです!

ka5.jpg


そしてこの美しい氷もご覧ください。
中心を掘ってみてもこの状態。
満遍なくシロップはかかっていても溶けることなくきちんと浸透しています。
そして、最後に残ったシロップを飲んでみても、やっぱりアイスティーそのものの味。渋くもなく、薄くもなく、美味しい紅茶という感じ。
感動しましたよ♪

他にもたくさんかき氷の種類があって、もっと食べたかった・・・(笑)。
中でも気になったのは、アボカドのかき氷です。

これほどかき氷が美味しいのですから、本業の(汗)紅茶も是非味わってみたものです。そこをすっかり忘れていました(汗)。申し訳ないことでした。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

Q−pot CAFE。

Q-pot CAFE.に行ってきました。

Q-pot.とは、スイーツを模ったアクセサリーや小物のブランドですが、そのアクセサリーがそのまま美味しいお菓子になっちゃったという、一週回ってきたコンセプトのお店。

このアクセサリーやバッグなどの小物がほんとかわいいんですよね〜。

b2.jpg


これはずいぶん前に買った携帯ストラップ。もったいなくて使えないの…(笑)。

b.jpg


これはディズニーとコラボしたデザインのトートバッグです。

暑いなか行ってきました。
お店の外観です。

q3.jpg


q.jpg


q2.jpg


一軒家風になっています。

これだけでもうかわいいですよね〜。

q4.jpg


窓辺に飾ってあるのは、食べられませんが、アクセサリーたち。
中ではこれとそっくりな本物のスイーツが食べられますよ♪

通されたのはチョコレートの間。
ラッキー♪
板チョコをモチーフにした席です。

q5.jpg


テーブルも、ソファーも壁も何もかもチョコレート。
これでワクワクしない人はいないでしょー。

お店はどこを見ても楽しめるようになっています。トイレも可愛いので是非入ってね(笑)。トイレの直前にある小さな小部屋のチェックもお忘れなく!
なんかディズニーランド見たいですよ。

ではさっそく!
私が頼んだのは、夏限定のメニューなので、今は食べられないと思います。でももう秋メニューが始まっていますよ。

q9.jpg


かき氷がついたプレート。

q10.jpg


q11.jpg


このお皿に乗っているお菓子はすべてにアクセサリーのモデルがあるんですよ。
もうどちらが元になっているのか不明ですね(笑)。
姉はこちらのプレート。

q8.jpg


q12.jpg


q13.jpg


かわいすぎる〜。

飲み物は
姉が頼んだチェリーのジュース。

q6.jpg


したにゼリーが固めてあって、ジュースと混ぜて飲むと不思議な食感が楽しめます。
私はこちら。

q7.jpg


はちみつレモンのサイダー。
これが!
すっごく美味しかったー♪
はちみつの味、香りが強くて、ひと口飲んで、美味しい〜!って言ってしまった。
添えてあるのも甘味が少ないと思ったとき用の追加のはちみつレモン。

コチラ、ウェイトレスさんもパティシエさんも本当にかわいいですよ〜。(身に着けている制服やアクセサリーも、顔も、声も(汗))
お菓子な時間をお楽しみください♪って声をかけてくれるんです。か、かわいい…。

そこだけ別世界な雰囲気をぞんぶんに楽しめます。

お店を出たら、斜め向かいにあるアクセサリーを実際に買えるQ‐pot.の本店に行ってみましょう♪
こちらもびっくりするくらいかわいいです!
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

パイヤールのソフトクリーム。

横浜そごうのパイヤールでソフトクリームを食べました。

pa.jpg


チョコレートとミルクのミックスソフト。
右は姉の大好きなマンゴーのドリンク。
美味しい〜!
チョコレートが落ちついた味で、甘ったるくなく、でも苦すぎず。
チョコレートの風味を存分に味わえます。
ミルクがいいアクセントになって、飽きずに食べられますね〜。
マンゴーのドリンクは、マンゴーの果肉がゴロゴロ入ってこれまたうまい!
イートインスペースがなく、目の前にあるデパートの休憩所(というか、座席)で食べるしかないのですが、混んでいる休日などは、座席の確保がちょっと難しいかもです。
でも美味しかった!
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

白河の関は強固すぎる…。

あああ・・・。

ダメでした。

準決勝に東北勢が2校も残ったのに、白河の関越えはなりませんでした。
もうどうやったら勝てるのか分からんね。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

ミキモトのかき氷。

ミキモトラウンジのかき氷を食べてきました。
mi2.jpg
ライチのかき氷とマンゴーライチのシャーベット。

mi.jpg


綺麗です〜。
氷部分はライチのシロップがかかっているということですが、ライチのシロップをそのまま固めたみたいに、ライチそのものの味わい。グラニテとも違うのかなぁ・・・。
そしてこの中にマンゴーライチのシャーベットが真ん丸く隠れているんですね〜。
美味しい!
とっても贅沢な気分になれるデザートです。
ケド・・・。
ラウンジがとっても涼しいので、かなり体が冷えます(笑)。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

高校野球4強!

え〜!!
甲子園準決勝に2校も東北高校が残ってるよ〜…。

こりゃあ、白河の関越えあるでぇ…。

どうなる!?
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

アップルジェリーのかき氷。

今回はアップルジェリーのかき氷。
なんというか、あったもので適当にやってみたんですが(笑)。

アップルジェリーとは、コチラで作った、リンゴのエキスを絞り出して煮詰めて固めたジャムです。
これを基本のシロップと混ぜて、冷やしてから基本のシロップ単体とジェリー混合のシロップを氷にかけていきます。

a.jpg


出来上がり!

お、美味しい〜!!!
リンゴのエキスがぞんぶんに味わえるかき氷!
悶絶の美味しさです!
アップルジェリー、いいです〜。

もともと、かき氷のシロップの作り方ってってジャムみたいなもんですもんね〜。

簡単だしいいですよ♪
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

梵くらのかき氷

杜の都のかき氷専門店
「梵くら」
のかき氷です♪
去年にオープンして昨年も行きましたが、何となくブログに乗せ損ねていました(笑)。

これが!
本当においしいんですよ〜。
氷がまさにふわふわ!
口に入れるとサッと溶けていくんです!
あっという間です。
シロップは自家製で、果物そのものの味が生きている味。
いやー、これはすごいですよ。
やっぱり家でこの氷は無理だなぁ…って思い知らされますね。

一つ一つ氷を仕上げる光景は目の前で繰り広げられるのですが、割と時間がかかるので、時間に余裕がある人に行ってほしい。
時間がないとか、料理屋で待たされるのに我慢できない人はちょっと難しいかなぁ。
そしてクーラーが効いていないので暑い(笑)。
でも、待ったかいがある〜!
って思えるほどの氷だし、シロップです。
お値段も相当…ですが、美味しいから許す!(汗)
東京の一等地並…と言っておきます!

b.jpg


金時いちごみるく。
なぜかいちごみるくに、あんこが!
このあんこも自家製。このあんこもおいしかった〜!小豆の味が隅々まで味わえるという感じ。
いちごももちろんうまい〜!

b3.jpg


モモみるく。
季節限定かもしれませんが、これも最高〜!
桃の果肉もたくさんそのまま入っています♪

b2.jpg


マスクメロンみるく。
お店で一番高いメニュー(笑)。
いやしかしうまい!

本で読んだんですが、かき氷を食べるコツは崩さないことだそうです。
スプーンで下手にザクザク氷を崩すと、どんどん溶けていってしまいます!それはもったいない!
スプーンを水平に差し入れたらそのまま垂直に持ち上げる、そのまま食べる!
こちらのかき氷は、隅々までシロップがいきわたっているので、氷だけで寂しい思いをすることはなく最後まで、下のほうまで溶けずに氷を楽しむことができます。
スプーンで崩すと暑い空気と氷が混ざって溶けやすくなるんですって!

事実、私はこのコツで、最後まで溶かさずに食べることができました。
ふんわりかき氷を食べるときのコツでした♪
そして、はるかかなた昔、礼儀作法のテレビ番組でも、先生が「かき氷は向かいから見て、形を崩さないで食べるのが美しい」と言っていた覚えがあります。

でも、このかき氷にはストローがついていて、溶けたかき氷ジュースを飲むことができます♪
このいわば水+ジュースですら美味しいんですよね〜。

是非お勧めです!
でも!
混むのは勘弁なんだが!(汗)

そして、梵くら。
この名前ってどういう意味なんでしょうね。
口に出してみると、…(笑)。
でも発音してみないと、この一年そういう意味があったって、気づかなかった…。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit
1/2 >>