SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

ジュリアンの五穀パン。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第9巻「クッキング・ママの告訴状」 より。

ジュリアンの五穀パンです。

郡の衛生局からケータリング業の一時停止を命じられたゴルディ。自宅キッチンでの仕事が出来ないところへ、テレビの料理番組の仕事が舞い込みます。
料理の先生として番組に出演するゴルディ。
毎回のアクシデントにもめげず、スキー場のロッジにあるレストランで撮影しながら、いつもの殺人事件の捜査もしています。
今回は、そんな料理番組のメニューに出された一品。
ベジタリアンの大学生、ジュリアンが教えてくれたレシピです。
ベジタリアンらしく、穀物がいっぱい入った健康的なパンです。

五穀パン。
五穀米がある日本ですから、まぁ、適当な穀物を入れればいいんじゃないか、という感じで。
私は例のマルチシリアル(また出た)から、粉類をふるい落として残った穀物を利用することにしました。だってこのマルチシリアル、8種類の穀物が入っていますって言うのが売りなんだもの。オート麦フレーク・ヒマワリの種・大豆・亜麻仁・小麦フスマ・オート麦フスマ・挽き割りトウモロコシ・ゴマが入っているらしい。ていうか、そうでもしないと、使いきれないんだもん(汗)。

j.jpg


粉モノをふるい落としてこんなになりました!

そして、今回の第一のミステリー。
これは、多分、作者か訳者の方か、編集者のかたか、知りませんけれども、その御三方のうちの誰かが忘れたんだろうと思われます。
すなわち、



が、ない。

パンに塩がないって、結構大変なことですよ。塩って不可欠なんですよ。
だから、勝手に小さじ1/2ほど加えることにした。
もうちょっと多くても良かったかもしれない。


第二のミステリー。
捏ねるときの小麦粉。
今回のパンの捏ね方が、まず捏ね用の小麦粉(意味が分からないと思いますが、とりあえず読み進めていただきたい)を除いた材料を混ぜます。それから一次発酵し、その後、捏ね用の小麦粉を加えながら、10分ほど捏ねる・・・と。
で、捏ねたらすぐさま型に入れて二次発酵。
え?二度捏ねる?つまり、中種法って事かいな。でも、中種法だったら、二度捏ねの後、もう一度発酵させて、さらに最終発酵取った方がいいんじゃないかなぁ・・・。とか、とか、いろいろまた考えてしまった。
でも!ここはもう覚悟を決めて、レシピのとおりにやることにしました!

また前置きが長くなりましたが!
レシピは、全量の1/4で作ります。

これまたねぇ、悩んだんですけど、型は大体10僉25僂離僖Ε鵐彪燭鮖箸辰討い泙后
なんか、ちょうどいいのがなかったのよね。
この倍量くらいで、この型がちょうどいいのではないかと思われ。
でもそうなると、量が多いんだよね〜。食べきれないから、小さめにしましたよ。

では、作ってみましょー!
まず、水140mL、モラセス45mL、バター約7gを鍋に入れて沸騰させ、穀類約67gにかけ、そのまま放置して冷ます。私は捏ねをホームベーカリーに任せるので、冷たくなるまで放置します。

j2.jpg


水分を吸った穀類の状態はこちら。
これに強力粉120g、全粒粉60g、ブラウンシュガー小さじ1/4、塩小さじ1/2、インスタントドライイースト小さじ1と1/4を加え、捏ねをスタート。

j3.jpg


私のホームベーカリーは、捏ねの後40分で一次発酵を停止してしまいますが、穀類がたくさん入って、発酵しづらい生地のはずなので、レシピ通り、60分発酵させます。(というか、発酵が終わってさらに20分放置しておきます)

j4.jpg


発酵が終わったのがこちら。
フィンガーテストもしています。ものすごくべたべたした生地です。
ここで第二のミステリー、捏ね用の強力粉30gを投入。さらにホームベーカリーで10分捏ねます。

j5.jpg


この捏ねで確かにべたつきは抑えられ、手に付きづらくなっています。
捏ねあがったら取り出して、麺棒で伸ばし、くるくるとロールにして、オーブンシートを敷いた型に入れます。

j6.jpg


型入れがうまくいかず、押し付けたためなんだかペッタンコになっていますが。
ここから、生地が倍になるまでさらに発酵。35度ほどで40から50分でしょうか。(今回は、ビニール袋に入れて、コタツに入れました!もちろん、温度計で測っていますよ)この二次発酵については、なぜか時間指定がなかったのね。でもやっぱり発酵しづらい生地なので、十分時間をとったほうがいいと思います。

j7.jpg


ほら、先ほどよりふっくらしているのが、お分かりいただけただろうか。(わかりづらくて、すみません)
これを190度のオーブンで40分ほど焼きます。(生地を減らしているので、時間を少なめにしています)

j8.jpg


出来上がり!
おお・・・。
どうなることかと思ったけれど、ちゃんと膨らんでいます。
型を小さめにすればもっとふっくらしたはずですが(汗)。
もしかしたら、クープを入れると、もっと窯のびするかもしれませんね。
クラストはしっかりしています。

切って・・・。

j9.jpg


まだ穀類の粒粒が残って見えますね。
早速!

食む。

うむ。
おいしい!
食感はモチモチしていますね。
穀類のプチプチが香ばしいです。
かなりどっしりした感じのパンですが、しっとりしていて、味はちょうど黒糖パンという感じです。モラセスがたっぷり入っているので、甘みが十分感じられますよ。
翌日はトーストして食べるとふんわりして、シリアルの風味や香ばしさが増していいです。
チーズなんかとあわせて食べるとグーですよ♪
そして・・・。
相当お腹のお掃除に効きますよ。翌日からとっても快調なの!(スミマセン・・・)
でも本当なの!(笑)

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

聖痕内向けの感想。

第146回。

ザッパいた!
さすが校長先生だった!
良かった・・・(涙)。
でも私、ザッパはクラウンだと勝手に思っていた・・・カローラだったのね。

あ、ガソリン生活でした・・・。
残り少ないので、堪忍。

ところで聖痕。

娘、見た目は美しく、中身は登希夫だった。
2歳くらいでそれって、気位とかじゃなくて、ただ乱暴なだけじゃ・・・。
のに、女王様。
そして、大人には可愛がられる。
やっぱり人間顔なのか。

そして、L-薄型の第三の画期的な方法を知りたいんだが。

会社でも貴夫さま呼ばわり。

きもちわりい。
comments (0) : trackbacks (0) : Edit
1/1