SWEET SWEET SWEET

手作りのお菓子やパン、料理など美味しいもの、
そして大好きな本など紹介します♪

聖痕いらん感想。

第161回。

双子出てきた。
でも、もう、貴夫はやめとけとしか言えないので、めでたくもありめでたくもなし。
貴夫が当然のように顎で使っているのも気に入らず。
中3に会ったきりで、いきなり来られてもねぇ。
こっちは困るのよ。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

聖痕心狭き感想。

第160回。

本当に、最初に謝ります。
毒舌、御免!

えーっと。

いや、もう、本当に、ワクワクが、ない。

これは、
貴夫、よかったねー!
こんなに、幸せになれて、成功して、よかったねー!

っていうのを、延々と続けるお話なんだろうか。

登希夫は小物になったし、銀座でレストラン、麻薬的な魅力で誰もが虜になる料理で大繁盛だろうし、失敗したとしても、実家が十分助けてくれるだろうし、そもそも失敗しないだろうし、見た目は佐知子、中身は登希夫の妹兼娘だって、お嬢様らしく、見た目しとやかになって、男を虜にしつつ、わがままに育つんだろうし、途中で兄兼父の秘密や出生の秘密を知ってショックを受けるんだろうし、嫁は娘に手を焼きつつ、別にこのままだろうし、三人娘は気持ち悪いし、犯人出てこないし、土屋出てこないし、双子出てこないし、貴夫は共感できないし。

こういう反応を、狙って書いているんだろうな。

そうやって、油断させといて、

どっかーん!

って、来るんだろうな。

そう思って、ずっと待っています。

待っています。

正直、長いです。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

聖痕所狭い感想。

第159回。

鰐、思いのほか引っ張るねぇ。

え、従業員(=三人娘)宿泊させるの。
きもちわりい。

何なのこの会社。
社長がいいならいいけどサー。
社員は絶対怒ってると思うよ。
「どんだけ人がいい訳?社長だまされてるよ!」って。(笑)
2年やそこらで、新入社員連れて大きな顔で独立されて。

僕も出資するよ(キラーン
って、爽やかに言ってるけど、
佐伯社長、もう十分出資してるから!
貴夫が仕入れルートの確保とかしてる間、あんたが給料払ってたんだよ!
機材購入時も、その手間賃払ってるんだよ!
企画にまでお金出してるんだよ!
3人娘にだって、新人教育を施してやってるんだよ!
新商品開発のノウハウだって、教えてあげてんのよ!
もう、一年は食事代タダにしていいくらいの恩を、貴夫は受けてるってば!

いやー、さっすが社長!器が違うねぇ。
見習いたいもんだねぇ。
え?貧乏人はすっこんでろって?

ですよねー。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

ヒヨコパン。

ミステリークッキングです♪

ミステリークッキングって何?という方は、コチラをクリック!

今回は、クッキングママシリーズ第13巻「クッキングママの遺言書」より。

ヒヨコパンです。

別に、ひよこの形したパンというわけではありません。

弁護士事務所に朝食のケータリングをしているゴルディ。
この日は、翌朝に出すメニューを準備するため、夜の10時に弁護士事務所に料理の材料を運び込みます。待ち合わせしているのは、ゴルディの家のお向かいさんで、事務所で働くダスティ・ラウト。ダスティはゴルディから料理を習おうとしているのですが…。

この時ゴルディが持ち込んだのがヒヨコパンの材料。
ヒヨコパンのヒヨコとは、ガンバルゾーみたいなガルバンゾーと呼ばれるひよこ豆のこと。ひよこ豆入りのパンなのです。
このレシピ、ひよこ豆さえ入れれば作れそうなのですが、また問題が。

第一のミステリー。

またもや入っていたよ。
パン発酵促進剤・ブレッドドゥエンハンサーが!!
これね、またヨランダのキューバンブレッド参照なのですが、取り合えず、日本では超手に入りにくい添加物。
なので、キューバンブレッド作ったときの材料でもう一度作ろうかなぁって思ったのですが、でもこれだと、材料に入っているので仕方ないんですが、ちょっと生姜の風味が気になるんですよね〜。ほんの少量なのですが、どうしても味や香りがしてしまう。
そこで!
またもや救世主のクオカ様。
ありましたよ。
それらしきものが!

h6.jpg


これ。
プリマナチュラという、たぶん今回の目的に見合う添加物。
パンって、小麦粉以外のグルテンを含まないものを加えると、発酵しにくくなって、ふんわりとした食感でなくなることがあるんですよね。それを解決するのがこれということらしいです。
ほかのサイトで探しても、わずか50gで売っているのは、クオカさんだけ!と思いましたので、これを選びました。
アメリカで売っているものとは違うと思いますが、このプリマナチュラだと、特に気になる風味などはないということです。

h4.jpg


ちなみに、こちらは粉に対して0.3〜0.5%加えるとのことでした。

第二のミステリーは、パンの主役である、ひよこ豆について。
ひよこ豆は、普通に水煮缶とモラセスを混ぜてピューレにして使うのですが、その使い方が大問題。
だって、ひよこ豆カップ1と2/3を糖蜜(モラセス)1/2をミキサーに入れ、豆の形がなくなるまで、攪拌、カップ1分計量して残し、あとは捨てる。

…大事なことなので、2度言います。

カップ1分計量して残し、 あとは捨てる。

ここー、テストに出るからー、ちぇっくなー。
はい、リピートアフタミー

あとは捨てる。

って!!
もう、神をも恐れぬ所業。

どういうことなの…。

大体さ、ひよこ豆カップ1と2/3がどれくらいの重量なのか、缶詰をどのくらい買えばいいのかもさっぱり分からんし。
また禿るくらい悩んで、検索して、ひよこ豆水煮缶一缶全量が400gだとすると、そのうち固形物の量は、220gということが判明した。
つまり、缶詰の内容物のうち、180gは水。
この水情報は、私にとって何の意味もなさないことが後に判明するが、こういう一見無駄と思える情報の積み重ねが、犯罪捜査には何より大事で…って、話が変わってきたが。
いや、実際は缶詰一つのひよこ豆が220gって言うのは収穫だったね。

とにかく、あとは捨てるという、何とも不可解で猟奇的な犯行声明(レシピ)により、捜査現場(脳内シュミレーション)は大混乱の様相を呈するのであった。

ひよこ豆だって、モラセスだって、決して安い代物じゃぁないのだよ。
そうそう捨ててたまるかってんだ。

本音はそこなのだが。

で、いろいろ、また激烈な脳内シュミレーションの結果、ひよこ豆132gに対して、モラセス72mLが妥当なんじゃないかって落ち着いたよ。

でもね、これだとたぶんいくらか「あとは捨てる」ことになるから、そのうち微妙に減らして、ひよこ100gモラセス51mLでいくことにしたよ。

でもって、ひよこ豆つって、探してきたのがこれ。

h8.jpg


なんだよ。ひよこ豆単体ってないのかい。
ないんですねー。これが。
輸入食材店ならあるんですけど、それだと大きすぎて、本当に余ってしまうので、なんというか、ミックスですけどこれで。

で、最初ミックスの中から、ひよこ豆だけ選んで使おうと思って拾ったら、

h7.jpg


50gくらいしかないでやんの。
で、仕方ないからミックスのまま使うことに(笑)。
もうさ、豆は豆なんだから、いいんじゃないかってことで。(酷)

そんなこんなで、作り上げたのが。

h5.jpg


これ。
味噌にしか見えませんな。
まぁ、そんなこんなで、とにかく勘弁。
ちょっと少なめですけど、まぁいいでしょう。

第三のミステリー。というか、難関。

このレシピ、実はホームベーカリーで作ってんのよね。

で、ホームベーカリーっつっても、日本みたいに1斤分とかって書いてくれるわけではなく。(てか、一斤って、思いっきり日本の単位)
例によって例のごとく、分量計算なわけですが、ホームベーカリーという、まるっきり機械に任せる以上、間違いは許されないわけですよ。
少なくても焼き時間の調節ができないため、焦げすぎるかもだし、多すぎても、生地が型からあふれて大惨事っていう可能性もある。
またまた頭がはげそうなくらい悩んだ。(もういや)
で、うちのホームベーカリーってパナソニック製なんですが、そのパナソニックのHPで出しているレシピのポテトパンを参考にして、ペースト状のものを加えるならば、230gまで粉類は減らしてもよさそうだ。とあたりをつけ、全体量の60%の計算でいくことに。
で、悪戦苦闘の脳内シュミレーションの後、割り出したレシピがこれだ!

ひよこ豆100g+モラセス約50mL(ペースト状にして、144mLにする)、 それとは別にモラセス9mL、水140mL、インスタントドライイースト9mL、パン生地発酵促進剤(プリマナチュラ)1.2g、強力粉144g、全粒粉72g、塩6g、オートミール20g、脱脂粉乳12g、サラダ油18g、全卵36g

いかがでしょう。
粉類は、オートミールを混ぜても236gであります。
デモ!やってみないとわからんね。
というわけで、作ってみましょー!

とりあえず、イーストを除いた全部をパンの型に入れる。

h3.jpg


多い。
この混沌。
今までにない状況。
軽く恐怖。
仕方ないね。
続行!!
ちょっとイーストが多い気がしないでもないけど。

で、イーストをセットして、食パンコーススタート!
4時間後。

h1.jpg


こんなんでましたけどー!
ちょっと・・・。
大成功じゃない?
実はね、途中で蓋を開けて発酵状況などチェックしてみたんですけど、もう、明らかに生地量が多くて、最終発酵の焼きに入る直前なんて、型からものすごいはみ出ていたんですよね。え、これから焼くんですよね?これ以上膨らんだら、絶対蓋にくっつくー!ってくらい、膨らんでいたんですよ。
でも、焼けてみると、こんな感じ。
ちょうど良いじゃないの!!
もしかして、過発酵でちょっと沈んだんですか?
どうなんでしょうか。
まぁ、気にしない!
で、切る!

h2.jpg


おお・・・。
ものすごくやわらかく、しっとりふわふわでございます。
ちょっとキメが荒い気がしますが、そこは強力粉オンリーじゃないし。
でも、全粒粉やオートミールが入っている割には、柔らかふわふわしっとりで。
これって・・・。
多分、プリマナチュラ(添加物)のせい!?

早速

食む。

おいしい!
正直、豆が入っているのかどうかなんてわかりませんが(汗)、しっとりしてふわふわで、クラストも柔らかで、おいしいです。
過発酵だと、すっぱいって言いますけど、特に酸味も感じず。
てことは、これでちょうど良かったんでしょうか。
モラセスの風味のせいか、イースト臭さも特に気になりませんね。

多分、成功。

とりあえず、おいしく食べられたら、それでいいのよ!

で、パンの途中経過を見てなぜこのレシピがホームベーカリーを使うのか理解できたような。つまり、水分量がすごく多くて、べちゃべちゃで扱いにくい生地なんですよねー。多分そんな理由かと。

頭が混乱するほど悩んだ結果としては、満足出来るものだったと思います。

そして・・・。これもやはりオートミールが入っているせいか、お腹快調・・・(笑)。

召し上がれ!

今までのミステリークッキング作品別まとめはコチラ
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

聖痕絶え入るような感想。

第158回。

今日も毒舌砲炸裂いたしますので。よろしくお願いします。

はぁ?

なにその佐伯社長が企画も機材も人材も貴夫に横滑りさせてくれるよ計画。

ちょっと何言っているのか分かりませんね。
今まで会社が金を投じたのは貴夫独立のお膳立てってか。

あのさぁ、
計画が頓挫したのは貴夫が会社の身の丈に合わない計画立てたせいなんだよねー。
それを金がない会社のせいにして、暇だからって自分のための勉強して、自分のために運転免許取ってるんだよねー。
その間会社に損させてるんだよねー。
研究に戻ろうともしていないんだよねー。
秘書室の機材も無駄なんだよねー。
ぜんぜん責任感じてないんだよねー。
肩身が狭いことも会社のせいにしてるんだよねー。
また3人娘連れて行く気なんだよねー。

なんというか。

おめでたいな。
そういう人に、私はなりたくない。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

聖痕弱弱しい感想。

第157回。

仕事が行き詰って暇になったって、それで焦りも何もないのね。
予算の関係って、やっぱり貴夫はお金に苦労したことないからさー。
しかも3人娘を自由に使うとか。
もう3人娘はいいよ。気持ち悪いだけだから。
って、社長と常務の弱みを握りまくっている貴夫には、もはや意見できる人なんていないのよね。

で、銀座の空き地を自由に出来るってことは。
行き詰った計画を、代わりに実行できるチャンスってことか。
貴夫、独立の予感。
もう・・・。


で、昨夜また聖痕の夢を見てしまった・・・。
多分、古賀先生にあてられたんだと思います。
れいりとるりが似てるって、どこら辺が似ているのか、誰か教えてください。
内容は、なぜか古賀先生が男性で、母娘がお稽古に行くと、お稽古の最中に他のお弟子さんが入って来て、何か不祥事を起こしたらしく、古賀先生がお弟子さんを猟奇的に打ち据えるわけ。で、結局のところそのお弟子さんは猟奇的に殺害されます。母娘はそれを目撃するのですが、古賀先生に口止めされます。お稽古が終わって帰るとき、道端で先ほどとよく似た猟奇的な殺人を目撃してしまうのですが、そこに古賀先生が車で通りかかり、「早く乗って逃げましょう」って母娘を乗せます。母娘は猟奇的な殺人が古賀先生のとよく似ていると思うのですが、口をついて出る話題は、ドラクエ犬蓮▲札の機械で動かすのか?ということ。するとなぜか私もその車に乗っており、私はドラクエ犬蓮任天堂の機械で動かしますと答える。そのころ貴夫は家電量販店に立ち尽くしており、その容貌は、なぜかとっても残念な感じで、とても美しくなかった。

そんな夢。
どうでもいい夢をだらだら書いてすみません。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

クリスマスプディング。

クリスマスが近いので、フォートナム&メイソンで、クリスマスプディングを食べました。
クリスマスプディングって、いろんなお話に出てくるけど、一度食べてみたかったんですよね。でも、あんまりいいお話を聞かない(笑)。
本国イギリスですら、今の若者はあまり好まないなんて聞いて恐れをなしていたんです。
大体、ドライフルーツって、昔は好きじゃなくて、大人になってようやく食べられるようになったくらいなので(汗)。しかも、スパイスたっぷりだしね!
でも、フォートナム&メイソンの前を通りかかって、クリスマスプディングセットをティールームで賞味できると知って、さっそく食べてみることに!
丸ごとひとつ買っても、消費できるか心配だったし。

p.jpg


おお…。
来ました来ました!
途端に鼻をくすぐる、スパイシーな香り!
これは…ちょっとだめかも…って一瞬ひるんだのですが、意を決して

食む。


これは!
思ったより、なかなかいけますよ。
プディングは温めて出されるのですが、それにバターとコニャックと砂糖でできたハードソースを添えて食べると、おいしいよ♪
コチラでは甘味のない生クリームも添えられていますが、それと一緒に食べると、甘味が抑えられて、よりすっきり食べられるかな。確かにかなり濃厚ですが。
そのままだと濃厚すぎるので、ハードソースや生クリームと一緒に食べるのがちょうどいいです。
甘いので、紅茶がたくさん飲めますねぇ(笑)。
自分で作るのはさすがに躊躇しますけど…。
なんか、一年に一度食べるからおいしいっていう、日本のおせちみたいな感じの食べ物だと思いました。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

聖痕弱小感想。

第156回

双子ちゃん、出てきませんよね。
あの、味見役として、この双子は大事にしなければとかいう貴夫の独白はなんだったのか。

登希夫も大学1年だし、双子ちゃんも高校3年生になっている。
ここまで放っておいて、味見役も何もないもんだ。
真知未知の食事会の時、結構わくわくしたんだけどなぁ。
これから貴夫登希夫、真知未知で美味を探求していくのかなぁって。
そんなことぜんぜんなかった。

レストランのメニュー決めに双子ちゃんに味見させるのかなぁって思ったけれど、それも唐突ですよね。

ていうか、本格的に娘の話に興味が涌かない。(爆)
だからこんなこと書いているのですが・・・(笑)

確かに、習い事で、所作などはよくなるかもしれんが・・・。
私の学生時代の友達が、日舞を子供の頃からやっていて、発表会にも呼ばれたことありましたけど、その子は全く歯に衣着せぬ舌鋒鋭い論客だった。
それに、別のお花もお茶も日舞も習っていた子は、ひっじょうにきっつい性格で、誰もがそれを認めていた。
つまり何が言いたいかっていうと、性格はどうにもならんのさってこと。

それにしても、登希夫が本格的に小物になりつつある今、今度は妹兼娘が貴夫の生活を脅かすってことなのかな?
貴夫の秘密を知って、今度は娘が貴夫の悩みの種になるのか。
comments (2) : trackbacks (0) : Edit

聖痕ケチな感想。

第155回。

貴夫、普通に取材のインタビューに答える。
大丈夫か。
いや、その。
つまり。

つ ち や 

的な心配があり・・・(笑)。

土屋、今何やってんのかなぁ。
新しい恋でも見つけていて欲しいものである。
つまりね、みんなに、幸せになって欲しいのよ。
・・・なんてな。

正直、娘に興味が涌かない。
だからこんなこと書いているんだが(笑)。
計伊子叔母ちゃんも不発だったしなぁ。
comments (4) : trackbacks (0) : Edit

聖痕目に見えないほどの感想。

第154回。

鰐。

正直言って、 なんじゃそりゃ。

これもまたバブルの遺産ってか。

・・・。

あれかな。
大勢に見物されたおかげで、テレビ局にインタビューされちゃって、ついでに娘がテレビに出ちゃって、娘、ちょっとしたアイドル状態。それを見た計伊子叔母ちゃんが飛んできて、ここぞとばかりに散々嫁に嫌味を言い尽くし、かなりすっきりして帰っていき、そんなこんなでいろいろ申し訳なく、申し訳ないはずが、なによ!あなた、最近仕事仕事って、ぜんぜん娘のこともかまわないくせに!「お化粧する暇ががあるなら、娘の面倒見てあげて」だって!なんで私があの叔母様にあそこまで言われなきゃいけないの?あなたって、「でも僕は喧嘩が出来ないんだ」っていつも逃げてばっかり!お義母さまからも、無理だったら実家に瑠璃を預けに来いって言われちゃうし!あのいやらしい弟がいるから、あなたの実家には行きたくないって言ったでしょ!?どうして分かってくれないのよ!私が一日中瑠璃を追いかけてるのよ!
なんて言いつつ、育児ノイローゼの出来上がり。

っていう展開はないんだろうなぁ。
低俗かしら?(笑)
comments (4) : trackbacks (0) : Edit
<< 2/4 >>